人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年4月22日

【中日好き】高橋宏斗、プロの景色

野球好きコラム by 森 貴俊
  • Line

練習後、取材に応じる高橋宏斗

ナゴヤ球場で練習をする高橋宏斗の表情はあどけなさと喜びにあふれている。
憧れたプロの世界。この世界から多くの刺激を感じている。

二軍残留組の4月、一軍残留組の柳裕也と共に練習する日があった。高橋宏斗にとって格好の教材だった。顔を合わすなり、柳の元へ向かった。

「柳さんキャッチボール相手になってください!」

最高の時間だった。言葉の指導を超えて柳の投げるボールが高橋宏斗に多くを教えた。

J SPORTS 放送情報

高橋は「キャッチボールから衝撃でした。50メートル離れたところからでも柳さんのボールは垂れない。最後までいい回転で僕のグラブに入ってきます。僕の方が球速は出ると思いますが、質がまるっきり違う。プロの球だなって思います」と話した。

高橋の好奇心は止まらなかった。どうやってボールを握り、どんな感覚で投げるのか、練習後のロッカーでも柳への取材は続いた。

「ストレートの指にかけきって投げる事が正しいと思っていましたが、柳さんからは2本の指全体にかけろと言われました。そこから第一関節に向けてボールを滑らせるような感覚で最後は第一関節にかけきってリリースする。僕は最初から第一関節しか意識していなくて。新鮮でした」と明かした。

仁村二軍監督は、ドラ1ルーキーを監督らしい目線で見ている。

「高橋宏斗に限った事ではないけど、試合中に自信がないのか、目が泳ぐんだよね。キョロキョロする。投げるたびにベンチをチラチラ見たりして。周りの評価や顔色を気にするんだ。ベンチは自信持って送り出しているんだから、もっと自信を持って打者に集中してほしい」。

「打たれることも含めて、若い選手は何をするか分からない所がいい。それが魅力。だから打たれようが、闘志をむき出して打者に向かっていけばいい。今の課題はそのあたりかな」と話す。

ここまで二軍戦では4試合すべてリリーフでの登板。トータルでは7回2/3、10安打5失点。防御率5.87。そんな中、4月28日ナゴヤ球場ソフトバンク戦。高橋宏斗の先発登板が決まった。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ