人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年4月14日

【横浜好き】ベイスターズ、うれしい誤算もあった「鬼門の」「試練の」6連戦

野球好きコラム by 大久保泰伸
  • Line

どんなチームにも“苦手”というものはある。今季からネーミングライツでバンテリンドームに名前が変わったナゴヤドームでは、昨季の初戦で勝利して以来、勝ち星なしの11連敗。

そして横浜スタジアムでのタイガース戦。昨季は5勝5敗2分となんとか五分の成績で終わったが、それまで4年連続で負け越し(2019年:4勝8敗、18年:3勝10敗、17年:3勝8敗1分、16年:3勝8敗1分)。

阪神ファンから「ハマスタはウチのホーム」と言われてしまう有様で、2位でシーズンを終了した2019年には、クライマックスシリーズ1stステージに敗れて、ファイナル進出を阻まれたこともある。

そんな2つの“鬼門“と呼ぶべき場所での4月6日(火)からの6連戦は、チーム状況を考えても試練の1週間と言えるが、そんな中でも当然のことながら、活躍した選手はいた。

左から桑原、牧、関根

沢村賞投手の大野雄大が相手となった中日との初戦では、先発した大貫晋一が6回途中3失点で今季初勝利をマークした。攻撃陣では、トップバッターの桑原将志が先制タイムリーを含む3安打猛打賞の活躍。

1-0のまま、膠着状態になりかけていた6回には神里和毅の満塁ホームランで勝利を引き寄せ、9回にはルーキーの牧秀悟が球団通算8000本塁打となるダメ押しの一発を放ち、名古屋での連敗を11で止めた。

2戦目は牧と神里がともに3安打猛打賞、2番でスタメン出場した柴田竜拓が2安打と3人がマルチヒットを記録。8回に代打で登場した嶺井博希がタイムリーを放ち、この日唯一の得点となった。投手陣では2番手で登板した三上朋也が2イニングを無失点。3番手の石田健大も1イニングを0に抑え、登板3試合連続で無失点と復調の兆しを見せた。

カード勝ち越しのかかった第3戦で活躍したのは、またしてもルーキー牧。6回に勝ち越し本塁打を放つなど、2安打2打点を記録した。同点で迎えた9回には、途中出場の倉本寿彦と戸柱恭孝のタイムリーで決勝点を奪った。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ