人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年4月5日

大谷翔平、リアル二刀流デビュー。現地メディアが熱狂した「7つの驚くべき事実」

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

2番ピッチャーで先発出場

エンジェルスの大谷翔平は現地4月4日(日本時間5日)、かねてより伝えられていた通り、本拠地でのホワイトソックス戦で「2番・投手」として先発出場。

打者としては初回に特大アーチを放ち、投手としては100マイル越えの速球を連発するなか、4回まで無失点に抑えるも、3失点(自責1)を喫した5回途中に、本塁での接触プレーで負傷降板となった。

現地局『ESPN』は同日付で電子版に「歴史的な先発試合で5回に片足を引きずって退場したショウヘイ・オオタニは”大丈夫“」と題した記事を掲載。

その中で、「試合後、オオタニは(接触した足について)”今のところ大丈夫“と述べており、(中略)エンジェルスのジョー・マドン監督は、オオタニは月曜に休養を取ることになるだろうが、ヒューストン・アストロズとの試合では、代打として起用可能になるかもしれないと述べた」と伝えている。

実際、大谷は9回裏に”元二刀流“のジャレッド・ウォルシュの放ったサヨナラ本塁打をダグアウトで見届けた後、本塁周辺でのセレブレーションにも参加しており、ケガの具合は深刻なものではないように見受けられた。

J SPORTS 放送情報

  • MLB中継2021

    日本人選手先発試合を中心に生中継!

一方、全米スポーツ誌の『スポーツイラストレイテッド』は、大谷が1回の時点で100マイル越えの速球を投げつつ、その裏の攻撃で特大アーチを放ったことから、試合中に速報記事を掲載。

その冒頭で「ショウヘイ・オオタニが、彼の驚異的な才能の数々を見せつけるのに、時間はかからなかった」とした上で、初回に100マイル(161キロ)越えを2回記録し、本塁打の飛距離が451フィート(約137.5メートル)だったことを伝えた。

なお、『MLB.com』でエンジェルスを担当するレット・ボリンガー記者の掲載した記事によると、投手が2番打者として先発出場したのは、1903年以来とのこと。また、MLB.comは試合後、「オオタニの夜についての7つの驚くべき事実」と題した記事を掲載しており、その中で次にように伝えている。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ