人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年2月28日

大谷翔平、ブルペンセッションで160キロを記録。次は打者としての調整を進める

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

二刀流復活へ向け順調な調整

またしても大谷翔平に関する朗報である。目下、アリゾナでのスプリングトレーニングで順調に投球練習をこなしている二刀流スターが、打者と対戦する実戦形式の投球練習で97マイル(156キロ)の速球を投じたのは既報の通りだが、その球速は早くも100マイル(161キロ)に達した模様である。

『MLB.com』でエンジェルスを担当するお馴染みのレット・ボリンガー記者は、現地27日付で「体調万全のオオタニが3ケタ速球を一閃」と題した記事を投稿した。

その記事の冒頭で「土曜のテンピディアブロスタジアムにて、ショウヘイ・オオタニは35球を投げた実戦形式のブルペンセッションで、100マイルに達する速球を投げ、自身が体調万全であり、2021年は開幕から二刀流のステータスでプレーする準備が整っていることを引き続き証明した」と伝えた。

J SPORTS 放送情報

ボリンガー記者は、記事の中で大谷が先日の投球練習で97マイルの速球を投げたことについて触れ、「開幕から何の制限もなく先発投手兼指名打者としてプレーするべく、ビルドアップしているオオタニにとって、(今回の100マイル越えは)更なるポジティブな兆候だ」とし、ジョー・マドン監督も感銘を受けていると伝えた。

記事によると、大谷についてマドン監督は「大変満足している。今、彼は自信を持って過ごしていると思う。彼は体調万全だからね。投球的には、彼の腕のストロークは断然良くなった」。

「昨年、彼はボールを押しているように見えたが、今はより良い場所に収まっている。打撃的には、足のバランスとバットの軌道が良くなった。まだ練習に過ぎないことは承知しているが、昨年は見られなかったことだ」と述べたとのこと。

二刀流選手としてフル稼働していた2018年に、大谷は週1ペースで先発マウンドに上がり、週に3、4試合のペースで指名打者として出場していたが、ボリンガー記者は、「今季は打者としての出場頻度が上がるかもしれない」と予測。

しかし、このスプリングトレーニングでは「先ずは先発投手としてビルドアップすることに集中し、指名打者として従事し始めるのはその後になる」としている。

記事によると、これについてマドン監督は「彼は投球第一、打撃はその次というスタンスを守ることになるが、(キャンプ中に)全てを仕上げることになる」と述べたとのこと。

今後、キャンプが進むにつれ、打者・大谷についての朗報も届くことになりそうだ。

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ