人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年5月26日

ダルビッシュ有、12安打6失点で勝ち取った信頼

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

シカゴ・カブスのダルビッシュ有が現地25日、本拠地リグレー・フィールドでレッズ戦に先発登板するも、6失点で今季3勝目を逃した。試合は8-6で打ち勝ったカブスが接戦を制し、ダルビッシュに勝敗はつかなかった。

内容的には12安打6失点3被本塁打と、必ずしも上首尾とは行かなかったが、現地報道では今季最長となる8回のマウンドに上がったダルビッシュの投球回数に着目する記事が散見された。

◆試合結果
CIN 0 2 0 0 2 1 0 1 0 6
CHC 0 1 0 4 1 0 0 2 X 8

J SPORTS 番組情報

『MLB.com』はこの日のダルビッシュの投球を同日付で掲載した試合速報記事のなかで次のように伝えている。

「試合前、カブスのジョー・マッドン監督は、チームの疲弊したブルペンの状態を鑑み、ダルビッシュにできる限り長く投げてもらう必要があると述べた」。

蓋を開けてみると、ダルビッシュはカブスのユニフォームでは最長となる7回を投げ切ったが、レッズもダルビッシュに対し応戦した。

2点を失った5回には、ヤシエル・プイグに長椅子の左翼スタンドを越え、ウェイブランド通りまで運ばれるソロホームランを被弾。6回にはニック・センゼルに適時打を許した。

そして8回、デレク・ディートリックにセンター越えの先頭打者ホームランを浴び、試合は6-6と振り出しに戻された。ダルビッシュは7回余を投げ、12安打6失点で降板となった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧