人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2024年7月10日

齋藤直人、欧州最強の「トゥールーズ」へ移籍。ラグビー日本代表

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

トゥールーズへ移籍が決まった齋藤直人

7月10日(水)、フランスリーグ1部「TOP14」に所属し、昨季は国内リーグと欧州王者の「2冠」に輝いたトゥールーズ(スタッド・トゥルーザン)が、日本代表SH(スクラムハーフ)齋藤直人(元・東京サントリーサンゴリアス)と契約を結んだことを発表した。契約期間は1年だという。

リポビタンDチャレンジカップ2024

イングランド、フランスの4~5チームと交渉する中で、6月30日のギリギリのタイミングで正式に契約を締結、SH齋藤は「話をもらってから結構長くて、進展していたが、本当にホッとした。家族をはじめ周りの人の理解、それから代理人の協力があって実現したことだと思っている」と正直に吐露した。

小さい頃から海外でのプレーを漠然と希望していたという齋藤は大学3年時、ジュニア・ジャパンの一員としてスーパーラグビーチームと対戦し、「より具体的に海外挑戦したい」とその思いを強くした。

サンウルブズなどの経験も経て、昨年、ワールドカップに初めて出場した後、海外でのプレーする必要性を改めて強く感じたという。また、エディー・ジョーンズHC(一昨季まではサンゴリアスのアドバイザー)にも時折、相談していたという。

オンラインの会見で話す齋藤直人

「ワールドカップに4試合出られたが、ハイプレッシャーの中で自分の力が出せたかと言われると、全然そうは思えなかった。ああいった舞台で能力を出すには、常にそういう高いレベル、高いプレッシャー、強度の中でプレーし続ける必要があると思った。ワールドカップ後が一番、海外に移籍したいと思った」。

リポビタンDチャレンジカップ2024

当初より、南半球のスーパーラグビーのチームではなく、イングランド、フランスといった北半球のチームへの移籍を視野に入れていたという。

「ワールドカップを経験して、一番何を伸ばしたいかを考えたときに、出てきたのがキックゲーム。その意味で南半球より、北半球の方がキッキングゲーム主体というか、よりキックが重要なリーグでプレーしたいと最初から考えていた」。

最終的に、23度のフランス王者、6度の欧州王者に輝いている欧州で最も結果を出しているトゥールーズとの契約にいたった。若手SHが移籍したり、7人制でパリ五輪に出場するSHアントワーヌ・デュポンが今季、どの程度試合に出場するか未知数だったことも追い風になったようだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

人気ランキング(オンデマンド番組)

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ