人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2024年7月9日

ジョージア代表を迎え撃つラグビー日本代表の宮崎合宿、立川理道、木村星南、利川桐生も参加

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

明治大学3年利川とリーチキャプテン

7月6日、『JAPAN XV』として戦ったラグビー日本代表(世界ランキング12位)は、マオリ・オールブラックスに5度目の対戦で初勝利を奪った。

そして、顔ぶれも新たに宮崎に36名(FW21名、BK15名)が集結し、7月13日に13位のジョージア代表(仙台・ユアテックスタジアム)、21日に8位のイタリア代表(北海道・札幌ドーム)と強豪とのテストマッチに臨む。

リポビタンDチャレンジカップ2024

マオリ・オールブラックス1戦目が終わった時点で、JAPAN XVからチーム事情によりLO(ロック)秋山大地(トヨタヴェルブリッツ)、SO(スタンドオフ)高本幹也(東京サントリーサンゴリアス)、WTB(ウィング)ヴィリアメ・ツイドラキ(トヨタヴェルブリッツ)、トレーニングメンバーだったCTB(センター)福島秀法(早稲田大学3年)が離脱した。

さらに勝利したマオリ・オールブラックスとの2戦目が終わり、LO小瀧尚弘(コベルコ神戸スティーラーズ)、FL(フランカー)本橋拓馬(帝京大学4年)、FL(フランカー)ファカタヴァ アマト(リコーブラックラムズ東京)、SO石田一貴(三菱重工相模原ダイナボアーズ)、CTB池田悠希(リコーブラックラムズ東京)、WTB松永貫汰(コベルコ神戸スティーラーズ)は日本代表に昇格できなかった。

リポビタンDチャレンジカップ2024

その一方で、リーグワンでの試合数が多く、1週間ほどオフを取っていた日本代表の主力選手たちは再び宮崎に合流し、練習を始めていた。

テビタ・タタフ

FW(フォワード)ではフランスのボルドーでプレーし、リーグ準優勝に貢献したNO8(ナンバーエイト)テビタ・タタフ、追加招集でリーグワン優勝の東芝ブレイブルーパスでスクラムを支えたPR(プロップ)木村星南、さらにJAPAN XVのトレーニングメンバーから明治大学3年のFL利川桐生が昇格した。

なお、大学生ではPR森山飛翔(帝京大学2年)、HO(フッカー)佐藤健次(早稲田大学4年)、FB(フルバック)矢崎由高(早稲田大学2年)も引き続き、日本代表に呼ばれている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

人気ランキング(オンデマンド番組)

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ