人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2024年7月8日

パリオリンピック7人制ラグビー、メダルを狙う日本代表の新ジャージーを発表

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

新ジャージ、左から堤、梶木、石田大、丸尾

7月8日、東京都内のホテルで、パリオリンピックに出場する男女7人制ラグビー日本代表の記者会見および、セブンズ日本代表新ジャージー発表会が行われた。

7人制ラグビーの男女日本代表

登壇者は男子のサイモン・エイモーHC(ヘッドコーチ)、女子の鈴木貴士HC、そして男女の日本代表各12名、さらに世界で初めて、オリンピック選手を経験し、オリンピックのパネルレフリーとなった桑井亜乃さんも登壇した。

土田会長

冒頭、日本ラグビー協会の土田雅人会長が「男女ともに出場できるだけでなく、メダルを取れる位置にいると思っています。日本ラグビー協会としてもオリンピックの7人制ラグビーにますます力を入れて、メダルを取れるようにチームと選手をフォローしていきたい」と挨拶した。

会見には男子のエイモーHC、石田吉平キャプテン、女子の鈴木HCと平野優芽キャプテンが出席した。

男子のエイモーHC

すでに男女ともに、12名の内定選手とバックアップ選手2人が発表されている。男子のエイモーHCはセレクションポリシーについて「第1に私たちのスタイルのラグビーをするためには、技術的に優れた選手が必要。つまり、キャッチ&パスの技術に優れ、タックルの技術に優れていて、しかもすべて泥臭いプレーができる」。

「次に選手には少なくとも10分間は、とてつもなく強度の激しいプレースタイルで戦ってほしい。3つ目はチームを奮い立たせる必要があるので、自らがチームのリーダーとなり、優れたチームマンである必要がある。そして最後に、スタジアムにいる全員、そして自分のチームも対戦相手も、すごい!と思うような、本当の強さにつながる何かが必要だった」と話した。

リポビタンDチャレンジカップ2024

女子の鈴木HCは「着任してから『立つ』『動く』『戦う』という3つの言葉をキーワードに、自分たちのこだわりとしてやってきて、それをしっかりと体現できる、世界と戦えるメンバーを選んだ」。

女子の鈴木HC

「(ワールドシリーズを通して)チームも個人も成長し、世界で戦える自信を得た。本当に全員に注目していただきたいですが、その中でも注目は大谷芽生選手。彼女は攻守ともにすごく勢いのあるプレーをしてくれる」と話した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

人気ランキング(オンデマンド番組)

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ