人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年5月31日

2023年ワールドカップに向け2チーム体制で強化を進めるラグビー日本代表。代表メンバーと「セカンドチーム」のNDSメンバーを発表。

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

会見に臨むジェイミー・ジョセフHC(右)と藤井NTD

5月31日(火)、6月から7月にかけてテストマッチ4連戦を控えるラグビー日本代表が会見を行い、藤井雄一郎NTD(ナショナル・チーム・ディレクター)とジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)が登壇した。

まず、日本代表34名と、指揮官自ら「セカンドチーム」と呼んだNDS(ナショナル・デベロップメント・スコッド)の選手34名が発表された。6月から7月にかけて、日本代表は2チーム体制で試合をしながら強化を進めていく。

ジョセフHCは2チームで強化していく意義について「私たちはフレッシュなメンバーを選び、2つのチームで、ウルグアイ代表戦、フランス代表戦に向かっていきたい。ケガがあった選手もいて、新しい選手が入ってきて、テストして、新しいチームを作り上げていきたい」。

2チームでの強化について語るジョセフHC

また、2019年ワールドカップ以降、「コロナ禍で、1年間で6~7試合しかできず遅れを取る中、6~7月に選手層をしっかり厚くして、来年のワールドカップに向かっていくことが大事だと考えています。ケガから戻ってくる選手たち、若い選手たちがこれからのテストマッチに向けてゲームタイムを確保し、コンディションを上げてワールドカップに向かってほしい」と話した。

5月9日付けで発表されていた日本代表候補63名から、PR(プロップ)岡部崇人(横浜キヤノンイーグルス)、LO(ロック)長谷川崚太(埼玉パナソニックワイルドナイツ)、FL(フランカー)下川甲嗣(東京サントリーサンゴリアス)、NO8(ナンバーエイト)姫野和樹(トヨタヴェルブリッツ)、WTB(ウィング)アタアタ・モエラキオラ(コベルコ神戸スティーラーズ)の5名が選外となり、新たに若手を中心に10名がNDSに招集され、計68名のスコッドとなった。

6月3日より日本代表は宮崎で、NDSは大分で合宿をスタートさせる。まず、NDSのメンバーが「エマージングブロッサムズ」として、6月11日(土)にトンガサムライフィフティーンとチャリティーマッチを行う。次に日本代表の一部とNDSのメンバーで6月18日(土)のウルグアイ代表と第1テストマッチに挑み、6月25日(土)のウルグアイ代表戦から日本代表が戦うという。そして7月2日(土)9日(土)のフランス代表戦に備えるというわけだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ