人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年5月26日

誇りをかけたシーズン最終戦。ブレイブルーパス東京×スピアーズ船橋・東京ベイ、リーグワン3位決定戦プレビュー

ラグビーレポート by 直江 光信
  • Line

東芝ブレイブルーパス東京 vs. クボタスピアーズ船橋・東京ベイ

初代王者への道がついえた直後に迎えるラストマッチ。気持ちの面で難しい部分があるのは確かだろう。ただしこの舞台に立つことは、リーグ有数の実力を示して長いシーズンを戦い抜いてきた証でもある。クボタスピアーズ船橋・東京ベイ東芝ブレイブルーパス東京、おのおのの1年の歩みと誇りをかけた激突。それがこの3位決定戦だ。

小川高廣

1週前に行われた準決勝での両者の戦いを振り返ると、リーグ戦4位通過のブレイブルーパスは、同1位の東京サントリーサンゴリアスにPG2本の差で24-30と惜敗した。強靭なフィジカルを武器に接点のバトルで優位に立ち、45分のSH小川高廣のトライで24-17と先行したが、そこから細かなエラーや反則が重なりスコアが停滞。終盤猛追したものの、勝負どころでセットプレーのミスが続き、あと一歩が届かないという内容だった。

一方のリーグ戦3位のスピアーズは、実質シーズン無敗の埼玉パナソニックワイルドナイツと対戦。看板の縦への推進力を押し出してたびたび見せ場を作ったが、ワイルドナイツの巧みな試合運びに要所を押さえきれず、10-24で競り負けた。少ないチャンスを確実にポイントに結びつける、リードする展開に持ち込み点差と時間で相手にプレッシャーをかけるというプレーオフの鉄則の重みを、あらためて実感するゲームとなった。

ディビジョン1でも1、2を争う体の強さとプレーの激しさで相手をなぎ倒してきた両者だけに、今回の試合で焦点になるのはコンタクトエリアとボール争奪局面の攻防だ。いずれも卓越した突破力を有するランナーがそろっており、いったん勢いに乗せてしまえば押し戻すのは難しい。コリジョンの場面でどちらが主導権を握れるかがゲームの趨勢を決めるポイントであり、見応えあるファイトが繰り広げられるだろう。

もうひとつ注目したいのは空中戦。ブレイブルーパスはワーナー・ディアンズ(201cm)とヒュー・パイル(202cm)、スピアーズはルアン・ボタ(205cm)に控えのデーヴィッド・ブルブリング(199cm)とLO陣に2メートル級のタワーがひしめき、BKにもそれぞれWTBセタ・タマニバル、FBゲラード・ファンデンヒーファーとハイボールに強い長身選手を擁する。キックオフやラインアウト、コンテストキックは一発で流れを変えられるプレーだけに、お互いどんなオプションを準備して臨んでくるのか興味深い。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ