人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年5月4日

明治大学、逆転で初陣を飾る。選手コメントから振り返る札幌での「明早戦」。ラグビー関東大学春季大会。

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

逆転トライに喜ぶ選手たち

北の大地が熱狂の渦に包まれた。「北海道“ラグビーの日”」と称し、札幌ドームで開催された「第11回 関東大学春季交流大会」、伝統の明早戦。

「コロナ禍でもファンの皆さんの拍手などがあって、とても楽しんでラグビーをすることができた」(右CTB/センター齊藤誉哉・文4=桐生一)。試合は最後まで分からない大激戦の末、明治大学が早稲田大学に勝利。手に汗握る接戦におよそ8000人の観客が酔いしれた。

モールで前進する明治大学

序盤から両チーム15人制の今季初陣とは思えないハイレベルな攻防が繰り広げられる中、前半15分早大が巧みにパスを回し、先制トライを奪う。しかし、明大もすぐに反撃。前半26分、ラインアウトからモールを組むと前進し続け、HO(フッカー)松下潤一郎(法3=筑紫)がグラウンディング。「モールは準備していたので練習通りにできて良かった」(松下)。昨年度の関東大学対抗戦の立教大学戦以来の紫紺となった松下のトライで、7-5と逆転に成功する。

ラグビー関東大学春季大会2022

FW(フォワード)陣のトライにBK(バックス)陣も続く。前半39分、SO(スタンドオフ)伊藤耕太郎(商3=国学院栃木)のオフロードパスを、左CTB廣瀬雄也(商3=東福岡)が拾い、ハンドオフで相手をかわしてトライ。「早稲田は絶対に勝たなければいけない相手。久しぶりにトライを決めることができてうれしい」(廣瀬)。さらに廣瀬は難しい角度のコンバージョンキックも決め、14-5で前半を折り返す。

ラグビー関東大学春季大会2022

後半も先に主導権を握ったのも明大だった。後半2分、キックカウンターから左WTB(ウイング)石田吉平主将(文4=常翔学園)と、CTB齊藤BKバイスキャプテンのパスワークでディフェンスラインを破ると、最後はもう一度パスを受けた石田が走り切りグラウンディング。「普段から学校でもよく一緒にいるので、いいコミュニケーションが取れた」(齊藤)。普段から仲のいいリーダー陣同士の華麗なコンビネーションでリードを広げた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ