人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年5月2日

春の早明戦、明治大学がロスタイムで劇的勝利。ラグビー関東大学春季大会

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

後半、トライを挙げた明治大学WTB石田主将

やはり伝統の「早明戦」、最後まで勝負がわからない試合となった。

5月1日(日)、「ラグビー関東大学春季交流大会」Aグループ、対抗戦のライバルで、伝統の一戦である早稲田大vs.明治大学の「早明戦」が、北海道・札幌ドームで行われた。

この試合は北海道のラグビー活性化を目的とし、4月30日(土)からの2日間、「北海道”ラグビーの日”」として行われているイベントのフィナーレとして開催された。なお、両校が北海道で対戦するのは2013年以来だが、札幌ドームでの対戦は初で、ともに今季初の公式戦だった。

ラグビー関東大学春季大会2022

早稲田大学は昨年12月5日の関東大学対抗戦の「早明戦」では、17-7で勝利し対抗戦2位、明治大学は3位だった。両校はすぐに12月25日の大学選手権の準々決勝で再戦、明治大学が20-15で接戦を制して、早稲田大学は年内でシーズンが終了、一方の明治大学は決勝まで駒を進めた。

NO8からHOに転向した早稲田大学HO佐藤

今季のスローガンに「タフチョイス」を掲げる早稲田大学はキャプテンNO8(ナンバーエイト)相良昌彦(4年)を筆頭に、HO(フッカー)にはNO8からコンバートした佐藤健次(2年)、SH(スクラムハーフ)宮尾昌典(2年)、SO(スタンドオフ)伊藤大祐(3年)、CTB(センター)岡崎颯馬(3年)、松下怜央(4年)、エースのWTB槇瑛人(4年)ら昨季から活躍する選手たちが顔を揃えた。

一方、「AHead」をスローガンに掲げる明治大学はキャプテンWTB(ウィング)石田吉平(4年)や、PR(プロップ)大賀宗志(4年)、LO(ロック)には山本嶺二郎、亀井茜風(ともに3年)の2人、SO伊藤耕太郎、CTB廣瀬雄也(ともに3年)と、副将CTB齊藤誉哉(4年)らが先発。ベンチには1年生ながら唯一のメンバー入りを果たしたPR富田陸(大阪桐蔭高校出身)が入った。

7,822人のファンが見守る中、午後1:10に試合はキックオフされた。前半序盤、互いに今季の初の公式戦とは思えない激しいブレイクダウンの応酬で、なかなか試合は動かない。しかし13分、早稲田大学が相手陣のラインアウトからモールを押し込み、ボールを継続。最後はCTB松下怜央(4年)が押さえて5点を先制した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ