人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年4月18日

【ハイライト動画あり】サンゴリアス、またも終盤のトライラッシュでブルーレヴズに完勝。リーグワン第13節レビュー

ラグビーレポート by 直江 光信
  • Line

東京サンゴリアス vs. 静岡ブルーレヴズ

渾身の力で挑んでくる相手の気迫みなぎるプレーに試合中盤まで苦しむものの、最終的にはきっちり突き放して勝利する。それが現在ディビジョン1の首位を走る東京サントリーサンゴリアスの強さだ。体力が十分あるうちはどのチームも簡単には崩れないし、隙を見せない。それでも厳しくプレッシャーを与え続け、我慢比べで相手が先に音を上げた瞬間に集中力を発揮してたたみかける。この日もまさにそんなゲームだった。

前半はビジターの静岡ブルーレヴズがより多くの見せ場を作った。開始6分までにFBダミアン・マッケンジーのPGとHO中村駿太のトライでサンゴリアスが10-0と先行するも、ブルーレヴズは11分に敵陣ゴール前のラインアウトからモールを押しきって反撃開始。直後にあざやかなサインプレーでCTBサム・ケレビにフィニッシュを許したが、24分、グラウンディングしようとするNO8クワッガ・スミスに対しサンゴリアスNO8テビタ・タタフが足を出したプレーがペナルティトライと判定され、さらにタタフがシンビンで10分間の一時退場となる。

これで流れをつかんだブルーレヴズは、31分に自慢のスクラムでプッシュオーバートライを挙げて逆転。さらに37分にもテンポよく攻撃を継続して最後は近場を突いたFL庄司拓馬が左中間に押さえ、24-15と点差を広げる。前半終了間際にはサンゴリアスに自陣ゴール前まで攻め込まれたものの、懸命のディフェンスで失点をPGによる3点にとどめ、24-18と6点のリードで40分を終えた。

ここまではブルーレヴズが意欲と勢いで上回る内容。しかしそんな展開にもまるで動じないのがサンゴリアスの真骨頂だ。そして迎えた後半の立ち上がり、大事な大事なこの場面で、見事に真価を発揮する。

まずは42分、ラインアウト起点のアタックでCTBケレビのオフロードからNO8タタフが抜け出すと、そのままポスト下へ力走して逆転。さらに47分には相手のミスキックで得たチャンスをWTB尾崎晟也が逃さずトライへと結びつけ、32-24とスコアを拡大する。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ