人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年4月2日

冬の花園での再会が楽しみな有望選手たち。全国高校選抜ラグビー大会 総括

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

攻撃的なリードを見せた報徳学園SO伊藤

3月25日(金)から埼玉・熊谷スポーツ文化公園と熊谷ラグビー場で行われた第23回全国高校選抜ラグビー大会。31日(木)の決勝は東福岡(福岡)がコロナ禍の影響で辞退となり、報徳学園(兵庫)が不戦勝。兵庫県勢としては初の全国制覇で幕を閉じた。

開幕前に茗渓学園(茨城)、長崎北陽台(長崎)の2校が出場を辞退し、開幕後も決勝戦を含め、3試合が中止になるなどコロナ禍の影響を大きく受けた大会となったが、その中でもキラリと光るプレーをした選手を挙げておきたい。

J SPORTS オンデマンド番組情報

まずはBK(バックス)、9番のSH(スクラムハーフ)の選手からみていこう。優勝した報徳学園の村田大和(3年)は、パス捌きも上手く攻撃的センスに溢れていた。また、準優勝の東福岡の高木城治(3年)もテンポ良いパス捌きでアタックをリードした。ベスト8の東海大大阪仰星の高來亜(3年)は身長183cmと、日本ではあまり見られない大型SHとして将来性を感じさせた。

國學院栃木の司令塔でありキャプテンのSO伊藤

次に司令塔のSO(スタンドオフ)だ。今大会は10番が輝いた大会になったといえよう。優勝した報徳学園の伊藤利江人(3年)は身長170cmと決して大柄ではないが、ステップとランに長けた攻撃的な選手で、スピードのある選手が揃うBKを引っ張った。また、ベスト8に入った國學院栃木のキャプテン伊藤龍之介(3年)も年末の花園でチームを準優勝に導いた視野の広さ、スキルの高さを発揮した。

SOでプレーした桐蔭学園の矢崎

東福岡の高本とわ(3年)も同校の武器であるワイドアタックを引っ張り、ベスト4に入った桐蔭学園の10番は将来を見越して、昨年までFB(フルバック)だった矢崎由高(3年)が務めた。ゲームメイクに徹していたが、慣れてくればまた鋭いランが見られるはずだ。

CTB(センター)も印象に残った選手が多い大会となった。12番では東福岡のCTB西柊太郎(3年)はアタックではなく、ディフェンスでも献身的なプレーを見せた。京都工学院のCTB富山泰成(3年)も鋭いランを見せた。また、大分東明の身長186cmのナブラギ エロニ(3年)の突破力は群を抜いていた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ