人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年3月17日

東芝ブレイブルーパス東京、この春に加わる将来有望な3人の新戦力

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

ジャパンラグビー リーグワンでは、大卒新人(現在の大学4年生)が4月1日から公式戦に出場が可能となる。そこでディビジョン1の各チームに加わった新人選手を紹介していきたい。

トップリーグで最多タイの優勝5回を誇り、元オールブラックスのトッド・ブラッカダーHC(ヘッドコーチ)の下、復活の兆しを見せている東芝ブレイブルーパス東京。昨季は7人が加入したが、今季は3人の将来有望な新戦力が加わった。すでに1月から練習に合流しているという。

慶應義塾大学の主将を努めたHO原田

まず、1人目のビッグネームは2021年度、慶應義塾大学ラグビー部でキャプテンを務めた身長175cm、体重101kgのHO(フッカー)原田衛だ。

5歳から伊丹ラグビースクールで競技を始め、桐蔭学園高校に進学。「花園」こと、全国高校ラグビー大会でキャプテンとしてベスト4に進出に貢献した。大学は半年間の浪人の末、9月入試で慶應義塾大学に合格し、1年時から関東大学ラグビー対抗戦に出場した。

J SPORTS 放送情報

スクラムワーク、運動量、ボールキャリーの強さ、キャプテンシーを発揮し、2年時からは中核として慶應義塾大学のFW(フォワード)を引っ張る存在となり、ジュニア・ジャパンやU20日本代表に選ばれた。さらにサンウルブズの練習生にも参加するなど、世代トップのHOとして活躍してきた。

大学3年時は対抗戦で11トライを挙げてトライ王にも輝いた。高校の同級生にあたる東京サントリーサンゴリアスに入団するPR(プロップ)細木康太郎(帝京大学出身)とは友人で、府中ダービーで再び対戦する日も近いはずだ。

明治大学から加入した大型CTB児玉

もう1人のビッグネームは、明治大学で1年時からチームの中心選手として躍動してきた身長192cmの大型CTB(センター)児玉樹だ。秋田の将軍野中学校を経て、名門・秋田工業高校に進学し、3年時はキャプテンを努め、「花園」のベスト8に貢献した。

身体を活かした突破、さらにオフロードパスを武器とし、世界基準の体躯を持つCTBだ。U20日本代表にも選出された経歴も持つ。明治大学での最終学年は、ケガやライバルの台頭でリザーブからの出場が多くなってしまった。また、大学選手権決勝でも帝京大学に敗れた涙を呑んだ。その悔しさをリーグワンの舞台晴らしたい。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ