人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年2月25日

ブラックラムズ東京と横浜キヤノンイーグルス、負けられない黒と赤の「事務機ダービー」。ジャパンラグビー リーグワン第7節

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

事務機ダービー

両チームとも負けられない黒対赤の「事務機ダービー」である。「ジャパンラグビー リーグワン」ディビジョン1のカンファレンスA・B交流戦の2節目、2月27日(日)、ホストのリコーブラックラムズ東京が駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場に横浜キヤノンイーグルスを迎える。

トップリーグ時代から、ともに事務機(コピー機)を扱う会社のチーム同士のライバルとして、しのぎを削ってきた関係にある。ともに負けられない思いだけでなく、黒いジャージーのブラックラムズ東京は、2勝4敗の勝ち点12の7位、赤いジャージーの横浜キヤノンイーグルスは4勝2敗の勝ち点18位の5位につけており、トップ4の足がかりにするためにもなんとしても勝ちたい一戦だ。

第2節と前節がコロナ禍の影響で試合を行うことができなかったため、ブラックラムズ東京としてはホームの駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場での初の試合となり、実際に羊に会えるイベントやブースを設置し、練習場もあるホストの世田谷区を盛り上げる。

昨季ベスト8のブラックラムズ東京は2勝4敗(4敗のうち2試合は不戦敗)で、負けた2試合も首位の東京サントリーサンゴリアスと3位のトヨタヴェルブリッツであり、ともに7点差以内の敗戦で勝ち点1を挙げており、強いボールキャリーが揃うアタック、粘り強いディフェンスと攻守ともに力をつけていると言えよう。

リコーブラックラムズ東京

ブラックラムズ東京は2節前のメンバーからFW(フォワード)1人、BK(バックス)1人のメンバー変更となった。FWの第1列はキャプテンのHO(フッカー)武井日向を筆頭に、1年目のPR(プロップ)谷口祐一郎(天理大学出身)、笹川大五と1~2年目の若い選手で臨む。

LO(ロック)は32歳のベテラン柳川大樹がFL(フランカー)から上がり、タラウ・ファカタヴァは控えに回った。コンビを組むのは身長201cmのデーモン・レエスアスだ。バックローは元スコットランド代表FLブレア・カーワンが先発に復帰、元日本代表FL松橋周平、オリンピアンのNO8(ナンバーエイト)ボーク コリン雷神の3人が務める。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ