人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年2月25日

いまラグビーファンが一番見たいカード。 攻め切るか、切り返すか。 どうなる? 埼玉ワイルドナイツ対東京サンゴリアス

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

埼玉ワイルドナイツ vs. 東京サンゴリアス

いまラグビーファンが一番見たいカードだろう。リーグワン開幕以降、実際に行われた試合で無敗の両者が、2月26日、熊谷ラグビー場で激突する。ホストゲームとなる埼玉ワイルドナイツは、第1節、第2節はコロナ陽性者が出て不戦敗となったが、第3節からは4連勝。鉄壁のディフェンスで失点を抑え、相手のミス、反則から確実にスコアしている。現在、4勝2敗の勝ち点「18」で4位。一方、東京サンゴリアスは2つの不戦勝を含めて6連勝の勝ち点「28」で首位を走る。4試合で29トライは、リーグ1位。ディフェンダーを置き去りにする「クリーンブレイク」も32回で1位。ハイテンポの攻撃でディフェンスを崩すアグレッシブ・アタッキングラグビーは他の追随を許さない。

ほとんどの数字でサンゴリアスが上回っているが、対戦相手が違うので単純な比較はできない。2月24日に発表された両チームのメンバーを見ると、過去の数字やストーリーなどは置いておいて、この試合が行われることに、ワクワクが止まらない。

埼玉ワイルドナイツスターティングメンバー

ワイルドナイツは、2月19日の第6節で東芝ブレイブルーパス東京を30-18下した。相手のノータッチキックをキャッチしてのカウンターアタックから2トライ。そつなく得点するスタイルは磨きがかかってる。サンゴリアス戦のメンバーはこの試合から先発で2名の変更がある。FWでは、NO8だった福井翔大がリザーブに回り、長谷川峻太がLOに入った。LOだったジャック・コーネルセンは福井に代わってNO8に入る。BKでは、今季好調の野口竜司に代わって日本のファンタジスタ山沢拓也が15番(FB)を背負う。

「山沢を見たいけど、松田も上手いしなぁ」。日本屈指のSOである松田力也と山沢拓也をどう起用していくかは、ワイルドナイツファンならずとも頭を悩ませる問題だ。山沢は足も速く、タックラーを抜き去るステップワークも卓越している。松田も山沢も複数のポジションができるが、今回の組み合わせは一番魅力的かもしれない。最後尾で山沢がどんなクリエイティブなプレーを見せてくれるか楽しみだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ