人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年1月13日

ワールドカップ決勝の舞台で横浜キヤノンイーグルスvs.コベルコ神戸スティーラーズの「港町ダービー」。ジャパンラグビー リーグワン第2節

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

横浜キヤノンイーグルス vs コベルコ神戸スティーラーズ

いよいよ開幕した「ジャパンラグビー リーグワン」。1月15日(土)にディビジョン1の第2節が行われ、2019年ワールドカップの決勝の舞台となった神奈川・日産スタジアムで、ホストの横浜キヤノンイーグルスコベルコ神戸スティーラーズを迎える。いわば「港町ダービー」である。

J SPORTS オンデマンド番組情報

横浜キヤノンイーグルスはビジターで開幕戦を迎えた。日本代表SO(スタンドオフ)田村優キャプテンのキックも冴え、NECグリーンロケッツ東葛に、33-12で勝利。ホストゲームで連勝したいところだ。

一方、ビジターのコベルコ神戸スティーラーズは、ホストで開幕戦を迎えたが、最後にゴールを外してしまい、NTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安に23-24で惜しくも敗れた。第2節は何としても勝利したい。

まず、ホストの横浜キヤノンイーグルスのメンバーを見ていこう。好スタートを切った開幕戦から先発のメンバー変更は1名にとどまった。FW(フォワード)8人は前節と同じ顔ぶれとなった。

横浜キヤノンイーグルス

PR(プロップ)は開幕戦でトライを挙げたPR岡部崇人、新卒の津嘉山廉人(流通経済大学出身)、HO(フッカー)には日本代表の副将でもある庭井祐輔の3人。LO(ロック)はサウマキ アマナキとウェールズ代表32キャップのコリー・ヒルのコンビだ。

バックローはFL(フランカー)身長196cmのコーバス・ファンダイクと機動力とジャッカル長けた嶋田直人の2人、そしてNO8(ナンバーエイト)には「フィジカルモンスター」、日本代表29キャップのアマナキ・レレイ・マフィが入った。

J SPORTS 放送情報

BK(バックス)は開幕戦に続いて日本人のみのメンバー構成となった。SH(スクラムハーフ)は前節控えだった荒井康植が先発し、キャプテンSO田村とハーフ団を組む。CTB(センター)は今季移籍してきた梶村祐介、好調を維持している南橋直哉の2人がコンビを組む。

バックスリーはWTB(ウィング)は東京五輪に出場し開幕戦もビッグゲインを魅せた松井千士、今季移籍してきた決定力のある竹澤正祥の2人、最後尾のFB(フルバック)はゲームメイクに長けた小倉順平が入った。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ