人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年1月8日

帝京大学vs.明治大学。「深紅」の復活優勝か、「紫紺」のリベンジストーリー完遂か。ラグビー全国大学選手権決勝

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

3年ぶり14度目の王者を目指す明治大学

1月9日(日)、東京・国立競技場で今季の大学王者を決める決勝戦が行われる。ファイナルに勝ち進んだのは、4年ぶり10度目の優勝を狙う帝京大学(関東対抗戦1位)と、3年ぶり14度目の王者を目指す明治大学(同3位)の2校である。

2日(祝・日)に両校は準決勝を戦い、帝京大学は京都産業大学に苦しめられた。前半は10-23で折り返しながらも、後半、キャプテンの右PR(プロップ)細木康太郎(3年)が入るとスクラムで優勢となり、37-30で逆転勝利を収めた。

明治大学も後半15分に21-24と逆転されたが、そこからBK(バックス)で2トライを取りきり、39-24で逆転勝利を挙げた。両校ともに勝負どころの集中力、そして「4年生力」が光った対戦となった。

帝京大学と明治大学の決勝戦は2017年度以来のことで、この時は帝京大学が21-20で勝利し、9連覇を達成した。今季は6月の練習試合、関東対抗戦で対戦し、ともに帝京大学が32-28、14-7で接戦を制している。

まずは帝京大学のメンバーを見ていこう。FW(フォワード)は準決勝から先発が2人変更。キャプテンPR細木が、11月20日の明治大学戦以来の先発復帰となった。また副キャプテンFL(フランカー)上山黎哉(4年)も先発に復帰した。

その他、FWはPR照内寿明(4年)、HO(フッカー)江良颯(2年)は不動で、LO(ロック)はルーキーながら出色のできを見せている本橋拓馬(京都成章出身)と江里口真弘(3年)がコンビを組む。FLのもう1人は新人の青木恵斗(桐蔭学園出身)、NO(ナンバーエイト)には突破力でFWを引っ張り続ける奥井章仁(2年)が入った。

BKは準決勝から1人変更され、豪快なランが武器のWTB(ウイング)二村莞司(3年)が復帰した。他のBKメンバーは変わらず、ハーフ団は1年のSH(スクラムハーフ)李錦寿(大阪朝高出身)、プレースキックを蹴る司令塔SO高本幹也(3年)の2人が務める。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ