人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年1月5日

【ハイライト動画あり】東海大大阪仰星が「去年の続き」で東福岡に勝利。國學院栃木が桐蔭学園の3連覇を阻み初の決勝へ。全国高校ラグビー大会 1月5日(水)準決勝の結果

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

東海大大阪仰星が2年越しの勝利

1月5日(水)「花園」こと、全国高校ラグビー大会は準決勝の2試合が行われ、Aシードの東海大大阪仰星とBシードの國學院栃木が勝ち、8日(土)に開催される決勝戦に駒を進めた。

◆準決勝の結果

○東海大大阪仰星(大阪第2)44-22 東福岡(福岡)●
○國學院栃木(栃木)21-10 桐蔭学園(神奈川)●

第1試合は夏の7人制大会優勝の東海大大阪仰星(大阪第2)と、春の選抜優勝の東福岡(福岡)のAシード同士の激突となった。昨季は準々決勝で対戦し、21-21で引き分け。抽選の結果、東福岡が準決勝に進出したが、春の選抜大会では東福岡が、46-17で快勝していた。

東福岡FB石原の先制トライ

まず先手を取ったのは東福岡だった。キックオフから相手ボールをターンオーバーし、最後はFB(フルバック)石原幹士(2年)がトライ。さらに5分、相手陣ゴール前でモールを形成しHO(フッカー)西野帆平(3年)が抑えて、10点をリードする。

ただ、東海大大阪仰星のキャプテンNO8(ナンバーエイト)薄田周希(3年)は「さすが東福岡。ここまで想定通り。絶対ディフェンスで止め続けよう」とチームメイトを鼓舞した。

15分、東福岡はPG(ペナルティゴール)を決められず、得点差を広げられなかった。すると徐々に東海大大阪仰星のディフェンスが東福岡のアタックにゲインを許さなくなる。

ゴールを6本全て決めた仰星CTB野中

そして23分、ペナルティを得た東海大大阪仰星はPGを狙わず、「FWで相手陣で攻めよう」(薄田主将)とタッチに蹴ってアタックを選択。最後はゴール前のラックからPR(プロップ)石原捷聖(2年)が抑え、CTB(センター)野中健吾(3年)のゴールも決まり、7-10とする。

さらに東海大大阪仰星は28分、東福岡のキックをCTB野中がチャージし、そのまま抑えてトライ。自身でゴールも決めて14-10と逆転してハーフタイムを迎えた。

後半、東海大大阪仰星は前半の勢いのまま、キックオフからターンオーバーを決める。相手ゴール前に攻め込み、6分、最後はSH(スクラムハーフ)石田太陽(3年)のパスに走り込んだFL(フランカー)松沼寛治(2年)がトライ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ