人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年12月27日

【ハイライト動画あり】2度目の早明戦は明大がリベンジ スクラムの圧力で早大を追い込む

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

明治大学 vs. 早稲田大学

全国大学選手権の準々決勝で早大明大が戦うのは史上初のことだった。これまでは準決勝、決勝で対戦し、8勝6敗で明大が勝ち越している。しかし、今年は練習試合も含めて早大が3勝。今季4度目の対決に明大の選手たちは燃えた。試合前のロッカールームから出てきたPR大賀宗志(3年)は大粒の涙。「大石さん(康太、4年)が涙を流して、ぜったいに勝とう!と言ってくれて、僕も泣いてしまいました」。

秩父宮ラグビー場には、9,471人の観衆が集った。午前11時30分、明大ボールのキックオフ。早大が蹴り返したボールに対し、明大WTB石田吉平(3年)がカウンターアタックを仕掛ける。右に左に連続攻撃を仕掛けると、最後は左タッチライン際にいたFL木戸大士郎が(1年)がタックルを弾きながら先制トライをあげる。対する早大は6分、SO伊藤大祐(2年)がPGを狙うもポストに当たって不成功。その後の攻撃でWTB小泉怜史(3年)が左コーナーに飛び込もうとしたが、ここは明大SH飯沼蓮キャプテン(4年)がタッチラインに押し出すトライセービングタックルで防いだ。

伊藤大スケ(示に右)(早稲田大学)

緊張感ある攻防が続いた20分、自陣でディフェンスしていた早大はLO桑田陽介(4年)のタックルで明大のノックオンを誘うと、そのボールを、PR小沼宏太(4年)、NO8佐藤健次(1年)、CTB長田智希キャプテン(4年)、SO伊藤とつなぎ、伊藤が左タッチライン際を快走してトライ。自らゴールも決めて、5-7と逆転する。明大CTB廣瀬雄也(2年)、早大SO伊藤がPGを決めあい、8-10となった前半37分、早大は、連続攻撃でディフェンスを崩し、PR小林賢太(4年)が左中間に飛び込み8-15とリードを広げた。

12月5日の早明戦では、7割がたボールを保持しながら得点に結びつけられなかった明大だが、この日はFWの縦突破を織り交ぜながら前進し、ディフェンスを破って何度も大幅ゲインを勝ちとった。後半10分にはPR大賀宗志(3年)がラックサイドをついてトライし、13-15と2点差に迫る。直後、SO伊藤のラインブレイクでチャンスをつかんだ早大は、サポートしたWTB小泉、SH宮尾昌典(1年)とパスをつないだが、ここで痛恨のノックオン。トライ直前のミスで得点機を逸する。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ