人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年11月19日

明治大学、対抗戦3連覇に向け帝京大学との大一番。FW対決を制することができるか。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

スクラムで期待がかかる山本耕

ラグビー関東大学対抗戦はついに佳境を迎える。昨年度、黒星を喫した慶應義塾大学に雪辱を果たした明治大学。そして、迎える第6戦は帝京大学戦。「今まで通りの試合展開にはならない相手」(SH/スクラムハーフ飯沼蓮主将・営4=日川)。優勝に向けて絶対に負けられない全勝対決だ。

帝京大は言わずと知れた強豪。全国大学選手権9連覇は伝説となっている。しかし、2018年度からは決勝に届かず、3回戦で敗れた年もあった。今年度は復権に向けて順調に仕上がっているように見える。

ラグビー 関東大学対抗戦2021

例年同様、注目はFW(フォワード)だろう。帝京大の主将で右PR(プロップ)細木康太郎は高校時代から注目された第1列。フロントローと思えぬ脚力とゴール前での持ち出しの強さで花園を大いに沸かせてきた。

帝京大に入学後はスクラムの強さに磨きをかけ、期待通り大学を代表するPRに。明大には桐蔭学園高の同期である左PR山本耕生(商4=桐蔭学園)がおり、1番と3番でのスクラムのマッチアップも楽しみだ。

フロントローではHO(フッカー)の江良颯にも警戒したい。昨年度1年生ながらスタメンを勝ち取り、今シーズンも主力として活躍。ラインアウトとスクラムの中心にいるのは間違いなく江良だ。

そして江良と同様に大阪桐蔭高出身のNO8(ナンバーエイト)奥井章仁もパワフルなランが魅力。大阪桐蔭高を初の日本一に導いた立役者だ。早稲田大学戦は欠場したものの、明大戦では先発が見込まれている。

帝京大はBK(バックス)も力のある選手が揃っている。試合巧者のSO(スタンドオフ)高本幹也はキック、パス、ラン、ディフェンス全てが高レベル。また、4年生の右CTB(センター)志和池豊馬と右WTB(ウイング)白國亮大は、高校では名が知れた選手ではなかったが、4年生で定位置をつかんだ帝京らしい逸材だ。厳しい試合展開になるほど、この4年生が力を発揮するだろう。

迎える全勝対決。カギを握るのは当然FWだ。帝京大は第5戦の早大戦で、相手のスクラムを粉砕。組み始めの段階で圧倒していた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ