人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年10月22日

明治大学、勝負の筑波大学戦へ。3連覇に向けて絶対に負けられない一戦。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

日体大戦で対抗戦初スタメンの大石

食うか食われるか。ラグビー関東大学対抗戦で3連覇を目指す明治大学は、最初のヤマ場を迎える。明大は3連勝こそしているが、試合内容には満足していない。3戦目の日本体育学大戦では、ミスが散見しSH(スクラムハーフ)飯沼蓮主将(営4=日川)も「0点の試合」と評するほどだった。

第4戦の相手はここまで上位校相手に好勝負を演じている筑波大学。すでに2敗しているものの、内容は決して劣らない。帝京大学戦は10点差、早稲田大学戦では7点差とわずかの差でゲームを落としている。

今年度の筑波大で特筆すべきは、驚異的なディフェンス力。例年に比べて、失点数をかなり少なく抑えている。早大戦では前半20分に早大のFB(フルバック)河瀬諒介に独走トライを許すかという場面も、しっかりと戻り切りペナルティを奪い、耐え凌いだ。

帝京大戦では帝京大得意のモールから簡単にはスコアを許さなかった。ゴール前での集中力の高いディフェンスは、間違いなく明大の前に立ちはだかるだろう。

そして例年のごとく自由に動き回るBK(バックス)陣も脅威になることは間違いない。スピードを落とさずに繰り出すステップで相手をかわすFB松永貫汰主将を中心に好ランナーが揃っている。

まず、昨年度卒業したエース・仁熊秀人の穴を埋めたのはルーキーの左WTB(ウイング)大畑亮太。慶應義塾大学戦では圧巻のランニングスキルでトライを挙げ、松永のトライをアシストする場面もあった。加速力は世代随一だ。

同じくルーキーで目立っているのがSO(スタンドオフ)浅見亮太郎。巧みなキックで確実にエリアを獲得していく。流通経済大柏高時代には複数のポジションをこなし、マルチな活躍を見せた。春シーズンは、CTB(センター)として出場も、同期のSO堀日向太のケガにより対抗戦ではSOとして活躍。キックだけではなく、ランニングや激しいタックルでも活躍を見せ、既に筑波大の欠かせない選手となっている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ