人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年9月10日

同志社大学、天理大学を破った春の王者が秋に挑む。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 同志社スポーツアトム編集局
  • Line

春季トーナメントを制した同志社

この春、同志社大学が関西の頂に立った。大学王者・天理大学を制し、関西大学春季トーナメントで優勝。長らく優勝から遠ざかっていた中、ついに勝利をつかみ取った。関西セブンズに続き、春シーズンを二冠で締めくくる。無念の大学選手権辞退となった昨季を糧に、一丸となって突き進んできた成果が実を結んだ。

創部初となる共同主将制が取り入れられ、始動した同志社大学ラグビー部第111代。昨年度の大学選手権は、関東勢が長く覇権を握っていた中で、関西大学Aリーグに所属する天理大が制した。関西勢にとって新たな局面に入り、新時代の訪れを感じる。紺グレも新たな体制とともに、準備を重ねて春シーズンに臨んだ。

「同志社の復権を」。幾度となく言われ続けたこの言葉が現実味を帯びてきた。天理大に勝利したのは2015年秋以来、6年ぶり。目標に掲げる「日本一」に一歩近づいた。ノーサイドの笛が鳴るのと同時に、選手たちは喜びを爆発させる。勝ったことへの興奮と、自分たちのしてきたことが通用した自信を感じさせる誇らしげな表情だった。

天理大学戦、トライを上げて喜ぶ同志社

試合はディフェンスが勝負の鍵を握った。「勝てるかもではなく、勝つつもりで臨んだ」(LO/ロック南光希・スポ4)。この言葉を体現するように、試合を通して強豪・天理大に臆する様子は全くなかった。

むしろ、常に前に出る同志社が天理大を圧倒する。低く前に出るタックルで天理大に思い通りのプレーをさせない。大型選手に対しては、2人以上で対応し突破を許さなかった。孤立した選手を作らないことで確実にボールをキープし、敵陣に果敢に攻め込む。FW(フォワード)に限らず、BK(バックス)も力強いプレーを見せた。

昨年度、大学日本一に輝いた天理大を制したことに、紺グレファンも沸き立った。今年の同志社は一味違う。待ちに待った瞬間に鳥肌が立つのを感じた。しかし、「僕らの目標は秋シーズンで関西優勝して、日本一が最終目標」(SH/スクラムハーフ田村魁世・スポ4)。ここで終わるチームではないことを宣言し、さらなる成長を誓った。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ