人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年6月9日

茂野海人、荒井康植、齋藤直人。ラグビー日本代表の高速アタックをリードするスクラムハーフは誰か?

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

荒井は「2人とも上から見ているというか、俯瞰してスペースや前が見えていて、的確な判断、指示もあり、すごく頼れる存在です。優さんはキックスキルが長けていて、主にキックを使いながらアタックしていく。力也はキックプラス、自分でも持って行けます」と話した。

23歳の新鋭・齋藤直人

3人目は最年少、23歳の齋藤だ。大学時代は主将として早稲田大学を優勝に導き、2020年はサンウルブズにも参加したホープだ。そんな齋藤も日本代表合宿は初参加となった。

「日本ラグビーで一番上のレベルの代表に呼んでいただき、合宿を通して、ジェイミー(・ジョセフHC)だったり、ブラウニー(トニー・ブラウン)だったり、優秀なコーチと経験のある多くの選手とプレーして、いろんなこと学ばせていただき光栄です」。

2020年のサンウルブズ、今年のトップリーグを経験して齋藤は、「(サンウルブズは)本当にプラスになった。トップリーグのスピード感やフィジカルのところは、大学からスーパーラグビーの舞台を経験したので、あまり驚きがなかった」。

また。「(サントリーで流と一緒にプレーしたことで)9番はチームを動かすポジションなので、発言の仕方やタイミングは、まだまだ経験を含めて足りないなと思いました。パスだったり、キックだったり、ランだったりは、これからも伸ばしていかないと行けない部分ですが、自信を持てた部分でもありました」と振り返った。

「常に9番をつけて試合に出ることを目指してやっている」という齋藤は、ポジション争いに勝つためには「アタック面であれば状況にもよるが、モメンタム(勢い)が出ている状態であれば、いかに早いテンポの中でいい判断ができるか、ディフェンスであればFWのオーガナイズが求められている。アタック、ディフェンスはその1点ずつが重要になってくる」と意気込んだ。

新生日本代表では、リーチ マイケル キャプテンやリーダー陣が引っ張る中で、強豪国であるティア1レベルのスタンダードが求められている。特にリアクション、起き上がるスピード、トランジッション(攻守の切り替え)のスピードは世界一を目指して日々、トレーニングしている。

また、SHのポジションにはブラウンコーチなど首脳陣から「ゲームのスピードをコントロールするので、そのスピードが遅くならないようにプレーしてほしい」(荒井)や、「日本が勝つためにはスピードが重要」(齋藤)と合宿の始めから指示されているという。

田中、流という2019年ワールドカップ組が不在の中で、9番を背負って日本代表の高速アタックをリードするのが誰になるのか、注目していきたい。

文/写真:斉藤健仁

斉藤健仁

斉藤 健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーと欧州サッカーを中心に取材・執筆。エディー・ジャパン全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」「高校生スポーツ」の記者も務める。学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「エディー・ジョーンズ 4年間の軌跡」(ベースボール・マガジン社)、「ラグビー日本代表1301日間の回顧録」(カンゼン)など著書多数。≫Twitterアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ