人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年4月18日

NECグリーンロケッツ、今季初勝利 元イングランド代表SO対決はグッドに軍配

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

トップリーグ創立メンバーであり、一度も降格していない6チームの一員として、絶対に負けられない戦いだった。しかし、そんなNECグリーンロケッツも途中で打ち切られた昨年、今年と一勝もあげておらず、トップチャレンジリーグを全勝で駆け抜けた豊田自動織機シャトルズは危機感を覚える相手だった。トップリーグ2021プレーオフトーナメント1回戦、注目の戦いは4月17日(土)、雨の降りしきる東大阪市花園ラグビー場で行われた。

J SPORTS オンデマンド番組情報

午後12時、NECのSOアレックス・グッドのキックオフで試合は始まった。雨の中、キック戦略が重要度を増す試合で両チームのSO(10番)に注目が集まった。グッドと豊田自動織機SOフレディー・バーンズは同時代にイングランド代表でプレーした。キャップ数はグッドが「21」で、バーンズの「5」を上回るが、2012年12月1日、イングランド代表がニュージーランド代表を破った歴史的な試合で、バーンズはSOオーウェン・ファレルの交代出場でテストマッチデビュー。その試合でFBを務めていたのがアレックス・グッドだった。

アレックス・グッド(NECグリーンロケッツ)

序盤はグッドの正確なキックがゲームを支配する。前半8分、NECのNO8ジャック・ラムがジャッカルで反則を誘い、グッドがPGを決めて先制。その後、グッドが不規則な回転のハイパントを蹴り上げ、豊田自動織機のキャッチミスを誘ってチャンスをつかむ。14分、ゴール前のスクラムからの攻撃でCTBマリティノ・ネマニがトライ。グッドのゴールも決まって10-0とリードした。

マリティノ・ネマニ(NECグリーンロケッツ)

その数分後、豊田自動織機のラインアウトでNECがジャンパーを支えるリフターの選手を倒したという反則を犯し、ここから流れは豊田自動織機へ傾いていく。前半25分、今度はバーンズが正確なハイパントをNEC陣深くに蹴り上げる。ここにFB大道勇喜が走り込んでキャッチし、連続攻撃からWTBリサラ シオシファがタックルをかいくぐってトライ。バーンズのゴールも決まって、10-7とする。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ