人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年4月2日

チームの垣根を越えた仲良し対談テキ×トモ!どっちが弟でどっちがお兄ちゃん?-クレルモン・松島幸太朗選手×日野・浅原拓真選手の、年齢・ポジション・国境を越えた友情に迫る!

ラグビーレポート by J SPORTS 編集部
  • Line

松島選手 浅原選手

バチバチと身体を当て、時には喧嘩のように熱い感情をぶつけ合うラグビー。
だけど試合が終わると笑顔でお互いを讃え合う―
ラグビーを初めて見る人には不思議な光景ですよね。
そんな、チームの垣根を越えて友情を結ぶ2人の選手をピックアップ。
「試合中は相手(友達)をどんな風に見ているの?」「仲良くなったきっかけは?」など、
気になる疑問に答えて貰いました。これであなたも2人の対戦を見るのが楽しみになる事間違いなし!

今回はフランスの名門チームASMクレルモン・オーヴェルニュに移籍後、目覚ましい活躍を見せるスーパースター・松島幸太朗選手と、日野レッドドルフィンズでスクラム職人として活躍しつつ、特技のイラストでも大きな話題を集める浅原拓真選手の2人の仲を深堀り!
年齢は6歳差、出身もチームもポジションも違う2人がいかにして「兄弟」になったのか。
その秘密に迫ります!
※取材はリモートで別々に行いました

――2人の出会いは?

松島「一番最初は日本代表だったかなと思います。どっか遠征をしてる時に一緒になったのが最初でしたね。初めの印象はあまり覚えて無いんですけど、上半身がデカくて脚が細いなって思いました。」

浅原「一番最初はたぶんエディージャパンの時なんですよね。2012~2013年の時だったと思うんですけど、松島が遅れて合流して来たんですかね。その時からちょっとなんか…たまに居るんですけど、『プロップ好きのバックス』って。こいつそれだなって(笑)それが最初ですね。」

――仲良くなったきっかけは?

松島「仲良くなったのは、僕が当時ワラタスっていうオーストラリアのスーパーラグビーのチームに居た期間があって、その時にバズもシドニーに来て。それでワラタスの練習もちょくちょく一緒になって、毎日一緒に居るようになったので、そこで凄く仲が良くなった感じですね。波長が合うなっていう感じがあって、冗談を言う感じも似ていて意気投合しました。」

浅原「僕が2014年に日本代表から外されて、それで2015年の春に東芝からワラタスに練習生で行ってこいと言って頂いて。その時に松島はワラタスのプレイヤーとして居たんですよね。で、『おぉ、久しぶりだな』なんて言いながら会って、そこであいつと急に仲良くなりましたね。あいつが車持ってたので、すごい乗せて貰ってました。彼女ばりに(笑)『休日どっか行こうよ』なんて言って。
あいつは僕という『隠れ蓑を得た』みたいな所があると思うんです。僕の後ろに隠れて僕を操作するみたいな。彼的にも、僕がわちゃわちゃしていて、喋らなくて良いって言うのもあるんじゃないですかね。」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ