人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年3月30日

「思い切ってチャレンジするだけ」。クボタスピアーズがサントリーとの全勝対決を前に記者会見

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

2月20日に開幕したトップリーグは第5節が終了した。レッドカンファレンスでは首位のサントリーサンゴリアスと、そして2位につけるクボタスピアーズが開幕から5連勝を達成。

その全勝チーム同士が4月3日(土)午後2:00から東京・秩父宮ラグビー場で激突するが、チーム史上初の開幕5連勝中のクボタが、ラグビーファン注目のサントリー戦に向けて、オンラインで報道陣に対応した。

上段左からルディケHC、立川、下段はマークス、クロッティ

登壇したのはチームを率いて5年目となる南アフリカ出身のフラン・ルディケHC(ヘッドコーチ)、元日本代表のCTB(センター)立川理道キャプテン、2019年ワールドカップで優勝に貢献した南アフリカ代表HO(フッカー)マルコム・マークス、そしてニュージーランド代表経験のあるCTBライアン・クロッティの4人だった。

全勝対決となる第6節のサントリー戦に向けて、フラン・ルディケHCは「エキサイティングな気持ちです。この試合のために(今まで)36週かけていたと言っても過言ではないし、ピークを持って行きたい。土曜日の試合でどれだけベストなパフォーマンスを出せるか」と意気込みを語った。

また、立川キャプテンは「この試合がすごく特別な試合という風にあまり思っていませんが、サントリーも調子いいですし、しっかり全勝で戦えることは嬉しい」。

「しっかりとチームの強みを出していきたいと思っています。クボタで言えばセットピースに強みがある。そこで優位に立てば自分たちのラグビーができるのでは」と試合を見据えた。

フラン・ルディケHC

また、開幕5連勝の要因を聞かれて、南アフリカ出身の指揮官は「いいスタートが切れて、コンスタントにいいパフォーマンスができているが、メンタルの成長が大きい」。

「リクルートの部分でCTBクロッティ、HOマークス、SO(スタンドオフ)バーナード・フォーリーが加わり、選手同士のつながりも濃くなりましたし、彼らがチームを助けてくれている」と説明した。

J SPORTS 放送情報

立川キャプテンは、今季の戦いぶりについて「一戦一戦、フォーカスを当てて戦ってきたなかで、メンバー変更しながら戦って来られたのはポジティブに捉えています」。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ