人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年2月19日

オールブラックスの新旧10番対決も実現。三菱重工相模原×サントリー。トップリーグ2021開幕節

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

いよいよ2月20日(土)に開幕するラグビー国内最高峰「トップリーグ2021」。

開幕節は神奈川・相模原ギオンスタジアムで、17年度以来6度目の王座をめざすサントリーを、地元(相模原市)を拠点とする三菱重工相模原が迎え撃つ。

サントリースターティングメンバー

サントリーは19年度よりニュージーランド(NZ)出身の元ジョージア代表HC(ヘッドコーチ)、ミルトン・ヘイグ氏を指揮官に招いている。

今季主将は19年W杯日本代表のCTB/SO中村亮土。帝京大の5連覇時の主将は副将選びを一任されたといい、今後のリーダーとしてHO堀越康介、手抜きをしないハードワーカーとしてLO/FLトム・サベッジの2名を副将に指名した。

指揮官交代による注目点のひとつは伝統文化の取り扱いだろう。チーム文化の継承か、それとも刷新か。チーム7年目の中村主将は「文化は継承されています」と語った。

「(今年のチームスタイルも)アグレッシブ・アタッキング・ラグビーです。貪欲にどこからでもトライを取りにいくラグビーをしたいです。プラスアルファで、“トップリーグでNo.1のディフェンス力”を誇るチームにもなりたいです」

そして今季、サントリー伝統のアタッキングラグビーを引っ張る世界最高の司令塔が加入した。

三菱重工相模原戦で、現役ニュージーランド代表の世界的スター、SOボーデン・バレットが10番を背負う。

バレットは元ニュージーランド代表の英雄司令塔、ダン・カーター(元神戸製鋼)の後継者の一人であり、16、17年に世界最優秀選手を受賞。

サントリー中村主将から見ても「ラン、キック、パス、どれをとっても一級品」。劣勢でもひとり実力を発揮する驚異の安定性、ミスボールを見逃さぬ嗅覚、そこからトライを獲り切る圧倒的なスピード――ラグビーの申し子といえる世界最高峰の29歳がついにお目見えする。

サントリーのメンバ-23人では、5年目のHO中村駿太、2年目のLO辻雄康、ムードメーカーでもある4年目のFL飯野晃司らが先発を掴んだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ