人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年2月15日

チームの垣根を越えた仲良し対談テキ×トモ!趣味が繋げた友情-サントリー・中村亮土選手×リコー・松橋周平選手の先輩から後輩へ贈る想いとは!?

ラグビーレポート by J SPORTS 編集部
  • Line

テキ×トモ!サントリー・中村亮土選手×リコー・松橋周平選手

バチバチと身体を当て、時には喧嘩のように熱い感情をぶつけ合うラグビー。
だけど試合が終わると笑顔でお互いを讃え合う―ラグビーを初めて見る人には不思議な光景ですよね。
今回はそんな、チームの垣根を越えて友情を結ぶ2人の選手をピックアップ。
「試合中は相手(友達)をどんな風に見ているの?」「仲良くなったきっかけは?」など、
気になる疑問に答えて貰いました。これであなたも2人の対戦を見るのが楽しみになる事間違いなし!

今回はサントリーサンゴリアスキャプテンにして、日本が誇るCTB中村亮土選手とリコーブラックラムズの背中で語るキャプテン、松橋周平選手の2人の仲を深堀り!
多くのプレッシャーやしがらみから解放される『キャンプ』という場所を見つけた2人。チームは違えど同じキャプテン同士、自然をこよなく愛する先輩から、真面目で真っ直ぐな後輩へ伝えたい想いとは…?
※取材はリモートで別々に行いました

――お互いに存在を意識したのはいつ頃ですか。

松橋「大学生の時ですかね。亮土さんが帝京の3年生の時に僕が明治の1年生で、帝京でバリバリ活躍されているのを見て『凄いなこの人』と思っていました。実際に喋ったりしたのは社会人になってからで、僕が1年目か2年目の時の代表活動で初めて一緒になりました。サンウルブズの時は僕が車を持っていて、亮土さんを家まで送り届けてたりしたので、一緒に居る時間が多かったですね。」

中村「サンウルブズですね。そこで初めて一緒になって話すようになりました。基本メンバーみんな仲が良いんですけど、周平とは波長が合ったって感じですかね。」

――お互いの最初の印象は。

松橋「もう、ほんとに凄い良い人です。優しいですし、誰に対してもフラットというか。優劣を付ける人じゃないので、そういう所が見ていて素晴らしいなと思います。」

中村「周平は優しいし、弟みたいな感じがあって凄い可愛いです。ラグビーに対してすごく熱くて、しっかりもしてるんですけど、プライベートだとちょっとお茶目で、おっちょこちょいな部分もあるんですよね。そういう所が可愛いというか、ギャップですね。年上の人に可愛がられる要素があると思います。」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ