人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年1月15日

トップリーグに替わり、2022年にスタートするラグビー新リーグが大会フォーマットを発表。1部は12チーム

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

新リーグに参加する25チーム

1月15日(金)、来年の2022年1月からトップリーグに替わって開幕する、ラグビー新リーグの大会フォーマット発表会見がオンラインで行われた。会見には日本ラグビー協会専務理の岩渕健輔氏、そして新リーグ法人準備室室長の谷口真由美氏の2人が登壇した。

岩渕専務理事は「ラグビー協会はワールドカップを日本に招致して世界一になるという大きな目標を掲げています。今回の新リーグに関しては、国内のリーグを発展させることがその要因になること。それから日本代表チームが強くあり続けること、日本代表が2019年ワールドカップ以上の成績を残すことが大きなポイントになっています」。

「また、ワールドカップのような熱狂を、身近な熱狂にすることが新リーグのポイントになるとチームのみなさんと進めてきました。新リーグを作るにあたって、Jリーグ、Bリーグ、野球、相撲など様々なリーグのアドバイスを受け、我々はラグビーとして前に進めるようなリーグにしたい」と挨拶した。

すでにトップリーグやトップチャレンジなど25チームが、来年からの新リーグ参加を表明している。新リーグのフォーマットの狙いに関して谷口室長は以下のように話した。

新リーグ・フォーマットの狙い

1 日本代表強化の礎となり、これまで以上の効果を発揮するように高質で均衡した試合の醸成すること
2 『事業化』と『社会化』をチームが実装し得るホスト&ビジター形式の実施すること
3 ファン目線を重視し、より多くのみなさまに愛される分かり易いフォーマットにすること
4 コロナ禍など不透明な運営環境でも持続発展できるように一定期間固定化し、段階的発展が必要である

また、新リーグは世界最高峰のリーグになることを掲げて、DIVISION 1、DIVISION 2、DIVISION 3の3部制のリーグとなった。順位はDIVISION 1~3、すべて勝ち点で決まり、毎年、DIVISION 1と2、DIVISION 2と3の入替戦が行われる。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ