人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年1月6日

ボーデン・バレット、現役オールブラックスのサントリー入団会見

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

ボーデン・バレットとサンゴリアス君

1月6日(水)東京都内で、サントリーサンゴリアスに入団した現役オールブラックスのSO(スタンドオフ)ボーデン・バレット選手の入団記者会見が行われた。

同席した土田雅之シニアディレクターは「バレットという頼もしい仲間が加わることになりました。現役のオールブラックスで、88キャップを誇ります。また、2016年、2017年とワールドラグビーの年間最優秀賞を連続受賞し、一昨年のワールドカップでも大活躍。名実ともに世界No.1の選手です」と説明した。

ジャージ贈呈式。土田シニアディレクターと

最初はやや緊張した面持ちだったバレットは、冒頭、「日本に来た大きな理由の1つは、日本という国がとてもすばらしいからです。サンゴリアスの一員になれて本当に嬉しいです」。

「(アグレッシブアタッキングラグビーというサントリーの)ラグビーのスタイルがとても自分にあっていて、チームメイトと一緒にトップリーグをプレーできることも楽しみですし、ここで新たな友達に巡り会えたことも幸運です。

ここまでプレシーズンを戦ってきて、日本のラグビーのスキルレベルは高く、チームメイトはすごく日々成長していると思いますし、私もまた彼らとの経験によってラグビー選手として成長させてもらっています」と挨拶した。

改めて、日本で、サントリーでプレーすることになった経緯を聞かれると、世界的なSOは「2年ほど前、私とニュージーランドのラグビー協会と契約の交渉がありました。4年間という長い契約です。その期間の中で、海外で(1年間の)サバティカル(長期休暇の意味、その期間は海外でのプレーを認める制度)を取ることを幸いにも許されることになりました。

次のワールドカップまでの4年間の中のサバティカルということで、次の大会のあるフランスか、前回の日本かという選択肢だったのですが、私はやはり東京が大好きで、大好きな日本のラグビーを経験しようと思い、サントリーでプレーすることになりました」と説明した。

ファンにどんなプレーを見てほしいかと聞かれて、バレットは「ラン、パス、キックといったところ、チームでハードワークしているところ、スキルの高さを見てほしいですね。自分の試合を見てくれるのでしたら、(SOとして)プレーの判断をする立場なので、私がどういう判断をするか予想して、それが正しいかどうか見てもらったらいいのではないでしょうか」と話した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ