人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年12月16日

五郎丸歩、全力で走り抜けた32年間。引退表明会見でラストシーズンにかける思いを語る

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

12月16日(水)、今シーズン限りでの現役引退を表明した元日本代表FB(フルバック)五郎丸歩選手(ヤマハ発動機ジュビロ)が地元の静岡・浜松で会見を行った。会見場には静岡県内のメディアのみが出席を許され、県外のメディアはオンラインでの参加となった。

ラストシーズンを迎える五郎丸(写真提供:ヤマハ発動機)

冒頭、少し緊張した表情で登場した五郎丸選手はこう話した「2021年1月16日に開幕するトップリーグを最後に、現役を引退する決意をしました。3歳から始めたラグビー選手を終える寂しさもありますが、32年間、全力で走り抜けてまいりました」。

「私には残り1シーズンしか体力、気力はともに残っていません。みなさまに対しての感謝の思いを胸の中に秘め、背負い、全力で戦い抜いていきたいと思っております」

なぜ、35歳という年齢で引退を決意したのか、またその経緯に関しては「私はヤマハ発動機ジュビロという素晴らしいチームと、22歳でプロ契約をさせていただきました」。

「契約した瞬間から35歳まで第一線で戦い抜くと、そう決意して契約したことを昨日のように思い出します。ですので、ここ数年、数ヶ月という短いスパンではなく、長いスパンで(今シーズンで)引退という日を迎えることになりました」と説明した。

五郎丸選手自身が、35歳がハイパフォーマンスを出し続けることができるギリギリの年齢と判断したようだ。「アスリートは体力だけでなく、気力も大事。気力の部分が自分の中で衰えていることを感じ、この35歳という節目で、自分が現役を退くことが、自分にとっても周りにとってもベストだと思い決断した」。

当然、五郎丸選手は2022年から始まる新リーグに参加することは考えていない。「トップリーグ自体も今季が最後で、来季から新リーグが始まるわけですが、あと1年プレーしたらどうかという声も多く聞こえたが、22歳のときに決めた自分の考えを曲げず、ここで気持ちよくトップリーグとともに去るという決断の方が自分には合っていた」と話した。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ