人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年11月16日

【ハイライト動画あり】19年W杯組の魅力が爆発!ストーマーズがチーターズから4勝目。スーパーラグビー・アンロックト

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

スーパーラグビー(SR)の南アフリカ国内大会「SRアンロックト」が佳境を迎えている。

7チームによるリーグ戦総当たりで王者を決める今大会は残り2節となり、1位ブルズ(4勝1敗)、2位シャークス(4勝1敗)、3位ストーマーズ(3勝1敗)が優勝戦線に残った。

日本時間11月14日(土)の第6節は、優勝の可能性を残すストーマーズが、本拠地のケープタウン(ニューランズ・スタジアム)に、2勝1敗のチーターズを迎えた。

ストーマーズはメンバー23人には、2019年W杯を制覇した南アフリカ代表“スプリングボクス”のメンバー6人を並べた。

フォワードでは、両プロップのスティーヴン・キッツォフ、フランス・マルハーバ。リザーブのフッカーであるボンギ・ンボナンビ。

そしてバックスでは、ハーフ団のSHハーシェル・ヤンチース、SOダミアン・ヴィレムセ、FBウォリック・ヘラントの6人だ。

優勝へ負けられない一戦で、このW杯メンバーがそれぞれに魅力を発揮した。

まず魅せたのはSHヤンチースだ。

ハーシェル・ヤンチース(ストーマーズ)

敵陣に入ったストーマーズは前半6分、左端にラックが生まれると、SHヤンチースが左タッチライン際からするりと抜け出して先制トライ。

相手があっけにとられる軽業で7点を先取し、好スタートを切った。

次に存在感を放ったW杯優勝メンバーは、PRキッツォフとPRマルハーバ。前半20分の自軍スクラムでFW一体のプッシュに貢献してPKを奪取。ショットが成功し、10-0と引き離したのだ。

一方のチーターズだが、チーム唯一の19年W杯代表であるCTBフランソワ・ステインが、効果的なキックでチームを前進させていく。

無得点だったチーターズは前半32分、こちらもロングキッカーであるSOティアン・スクーマンがPGを決めて3点を返した。10-3

しかしストーマーズはこの日、19年W杯代表のSOヴィレムセが絶好調。

左右に効果的なロングキックを連発し、さらに前半40分には混戦のなか約30メートルのドロップゴールを成功。息切れを始めていたチームを救う美技で3点を加えて、13-3で前半を折り返した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ