人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年11月2日

関西学院大学、31歳の若き指揮官がさらなる高みを目指す。ラグビー関西大学リーグチーム紹介

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

昨季は大学選手権で明治に善戦

昨年は関西大学Aリーグで、4勝3敗で3位となり5年ぶりに大学選手権に出場した関西学院大学。3回戦は朝日大学に49-19と勝利し、準々決勝で、ディフェンディングチャンピオンの明治大学と激突、途中まで相手を苦しめ、14-22と惜敗したが、大いに存在感を示した。

今年、3シーズン率いたOBで元サントリーの牟田至監督が退き、やはり関西学院高校、関西学院大学のOBで、31歳になったばかりの小樋山樹監督が新たに指揮官に就任した。

前年度までNTTドコモレッドハリケーンズで活躍していた小樋山監督は、以前から監督就任を打診されており、「高校、大学とお世話になりましたし、現役続行か、監督か、監督になる方がワクワクしたので」と誘いを受けた。現在は人材紹介会社で働き、時短勤務などを使いながらも「毎日、顔を出すようにしています」と話す。

キャプテンの竹内海斗(写真:関西ラグビーフットボール協会)

伝統的にキャプテンは選手たちが自分たちで決めており、4年生たちはHO(フッカー)竹内海斗(4年)を選出し、副キャプテンにはSO(スタンドオフ)呉嶺太(4年)が就いた。

そして、自分の考えを言葉で伝えることのできる選手たちをリーダーに選んだ。小樋山監督は「竹内は、口はそんな上手い方ではないですが、最前線でプレーしてくれる。呉は言葉でも引っ張ることができる。いいバランスだと思います」と説明した。

J SPORTS オンデマンド番組情報

4年生を中心に選手たちは目標を「日本一」、そして目的を「ただ勝つだけでなく、愛されるチームになる」ということに定めた。そしてスローガンを「more」に決めた。

「昨年は4年生が多く、メンバーが揃っていましたが、明治大学と対戦して、初めて日本一というところがおぼろげながら見えてきた。明治戦で満足するのではなく、日々の練習から『もっと、もっと』高いものを求めていかないといけない。もっと上を目指すということで『more』になりました」(小樋山監督)。

ただ、青年監督が就任して早々の春、新型コロナウィルスの影響で自粛期間に入った。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ