人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年11月2日

【ハイライト動画あり】これぞ慶大伝統のタックル 横綱・明大に刺さり続け、 FB山田響が劇的逆転PG決める

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

11/1 明治大学 vs. 慶應義塾大学

試合前日、栗原徹監督は「試合が楽しみで仕方ない」と話していた。「明治は横綱、慶應は小結。でも、小結が押し切ることもある。小細工なしで真っ向勝負します。強い明治と戦うことで慶應もレベルアップできる。低く突き刺さるタックルを80分間続ければ、いつかチャンスは来ると思います」。試合はその言葉通りの展開になった。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、観客は10月までは5,000人を上限としていたが、この日から上限は8,000人。前売りチケットは早々に売り切れ、6,975人の観客が集った。

午後2時キックオフ。立ち上がりから慶大の前に出るタックルが次々に決まる。開始2分、明大陣10mライン付近のスクラムからの攻撃で、FB小島昂(4年)に対して、WTB佐々木隼(2年)が素早く間合いを詰めてタックルし、ミスを誘う。3分、FB山田響(1年)が先制PGを決めて、3-0とリード。その後も慶大はCTB三木亮弥(4年)を筆頭に明大BKの攻撃を寸断するタックルを連発し、FWの縦突進に対しても相部開哉キャプテン(4年)、北村裕輝(4年)の両LOを筆頭に低く前に出るタックルを決め続けた。

しかし、先にトライをとったのは明大だった。前半12分、慶大SO中楠一期(2年)が蹴り上げたハイパントを明大がキャッチできず、慶大が攻め込む。左タッチライン際の佐々木に中楠がロングパスを送ったところを、明大SO齊藤誉哉(2年)がインターセプトし、相手陣へボールを蹴り込む。反応良く追いかけたFL福田陸人(3年)がさらにこれを蹴り、インゴールで齊藤が押さえた。齊藤がゴールも決めて、3-7と逆転する。

以降は互いに好タックルを決め、タックルで倒れた選手からボールを奪うジャッカル合戦。明大SH飯沼蓮(3年)がピンチを救えば、慶大PR大山祥平(4年)が明大の大黒柱・箸本龍雅キャプテン(4年)のボールを奪う。逆転劇の伏線は、前半、山田響がPKからのタッチキックを2度ミスし、インゴールへ蹴り込んでしまったことだ。一度目は笑顔を見せた山田も二度目は頭を抱えた。両方とも明大ゴールラインに間近の位置でラインアウトを得るものだっただけに、蹴った位置で明大のスクラムになるミスはチャレンジャーの慶大には痛恨だった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ