人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年10月29日

快挙が続く専修大。リーグ戦王者・東海大に挑む。関東大学リーグ戦1部

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

リーグ戦王者が立ちはだかる。

チャレンジャーは、昨季5位だった緑×白のジャージー、専修大学だ。

10月4日(日)の開幕に漕ぎ着けた関東大学リーグ戦1部は、4試合目に突入する。

10月31日(土)は、東京・秩父宮ラグビー場で、開幕3連勝の“リーグ戦王者”東海大学(昨季リーグ戦1位)に、1勝2敗の専修大(同5位)がチャレンジする。

10/17 専修大学対日本大学

専修大は約90年の歴史(1929年創部)を持つ伝統校。近年は2018年度より1部に復帰し、リーグ戦での存在感を増しつつある。

昨季は3勝を挙げて、19年ぶりのリーグ戦5位を奪取。今季は復権に尽力する元日本代表SHの村田亙監督、CTB夏井大樹キャプテン(秋田中央・4年)のもと、昨季以上のインパクトを目指す。

今年はコロナ禍で7月中旬に再スタートを切り、9月には筑波大学と実戦練習(20分×2本)を積むなどした。

そんな専修大が、開幕戦で魅せた。

1996年以来勝利から遠ざかっていた大東文化大学が相手だったが、フォワードがスクラム、モールで奮闘するなどして29-19で勝ち鬨。24年ぶりの大東大戦勝利を味わった。

その後は流通経済大学(17●52)、日本大学(10●29)に連敗を喫して1勝2敗。今季初の休養週を挟んで、いよいよチャンピオンとの一戦を迎える。

専修大のFW第1列は、ここまで4年生トリオがスクラムで奮戦している。PR檀野友多郎(光泉)、HO小栗冬雅(岐阜工)、栗山塁(桐蔭学園)は今週も先発だ。

バックファイブ(LO、FL、NO8)は運動量が豊富だ。ディフェンスではLO小笠原颯(日川・3年)、FL折居慎斗(尾道・3年)らがリロードを繰り返し突き刺さる。

バックスの主戦スクラムハーフは高校日本代表、U20日本代表を経験しているSH友池瞭汰(東福岡・2年)だ。スキルフルな試合巧者は、高校の先輩であるSO森野幹太(東福岡、4年)とハーフ団を組む。

センターは夏井キャプテンが要注目だが、日大戦で好タックルからターンオーバーを演出した平山壮太(大分舞鶴・3年)も存在感を示している。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ