人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年10月16日

オールブラックス、難攻不落のイーデンパークでワラビーズを迎え撃つ。ブレディスローカップ第2戦

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

先週に続いて、10月18日(日)「オールブラックス」こと、ニュージーランド代表と「ワラビーズ」こと、オーストラリア代表が対戦する、伝統の「ブレディスローカップ」の第2戦がニュージーランドのオークランドにあるラグビーの「聖地」の1つ、イーデンパークで行われる。

永遠のライバルである両者の対戦は1931年から、当時のニュージーランド総督ブレディスロー卿にちなんだカップが勝者に贈られるようになった。年間の勝利数で上回ったチームが獲得するこのカップは、現在ニュージーランドが16年連続で保持している。

ラグビー ブレディスローカップ

今年は新型コロナウィルスの影響で、先週の10月11日(日)にニュージーランドのウェリントンで行われた試合が両者、今年初めての対戦となった。

前半はイアン・フォスターHC(ヘッドコーチ)の初采配となったオールブラックスがリードしたが、こちらもデイブ・レニーHCの初陣となったワラビーズが追い上げて、後半48分まで戦ったが16-16という引き分けに終わった。

ラグビー ブレディスローカップ第1戦

まずは、2戦目こそホームで勝利したいオールブラックスのメンバーから見ていこう。5人が前節から変更になった。

オールブラックス先発メンバー

FW(フォワード)は、HO(フッカー)がコーディー・テイラーからベテランのダン・コールズに替わり、初戦に引き続き先発するPR(プロップ)ジョー・ムーディとオファ・トゥンガファシとともに第1列を構成する。

LO(ロック)は、ブルーズでキャプテンを務めるパトリック・トゥイプロトゥと、脳震盪(HIA)のため欠場するベテランのサム・ホワイトロックに替わって、先週初キャップを獲得した20歳のトゥポウ・ヴァアイが初先発となった。FL(フランカー)はシャノン・フリゼルとキャプテンのサム・ケイン、NO8(ナンバーエイト)は昨年の国内最優秀選手のアーディー・サヴェアが引き続き先発。

BK(バックス)は、SH(スクラムハーフ)アーロン・スミスとSO(スタンドオフ)リッチー・モウンガのハーフ団は変わらず。CTB(センター)はジャック・グッドヒューと、リーコ・イオアネに替わり、アントン・レイナート ブラウンがコンビを組む。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ