人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年10月13日

【ハイライト動画あり】早稲田、立教大学から8トライで開幕2連勝。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

ラグビー関東大学対抗戦の第2節、早稲田大学はホームグラウンドである東京・早大上井草グラウンドにて立教大学と対戦した。

無観客で行われた今試合。5年ぶりにAグループに復帰し、気合十分の立大に対し自陣での展開を許す場面もあったが、試合は早大ペースで進行。後半序盤に1トライを許すものの、前後半計8トライを決め、46-7で開幕2連勝を飾った。

J SPORTS オンデマンド番組情報

前半5分、試合は動いた。WTB(ウィング)今駒有喜(文2=東京・早実)のゲインで敵陣ゴール前まで攻め入る。相手のペナルティからの速攻で、SH(スクラムハーフ)河村謙尚(社3=大阪・常翔学園)が、LO(ロック)桑田陽介(スポ3=愛知・明和)にボールをつなぐと、そのまま桑田がインゴール中央に走り切り先制トライ。キックも決まり、7-0とした。

その後、立大に攻め入られ、しばらく自陣での展開が続いたが、CTB(センター)長田智希(スポ3=大阪・東海大仰星)の低く鋭いタックルなどでディフェンスに粘りを見せ防ぎ切る。

突破するFL相良

再び主導権を握ったのは22分。マイボールスクラムからFL(フランカー)相良昌彦(社2=東京・早実)がビックゲイン。インゴールに勢いよく蹴りだしたボールを(フルバック)小泉怜史(文構2=東京・早実)が押さえ、グラウンディングした。

さらに、35分には敵陣ゴール前スクラムからのターンオーバーでNO8(ナンバーエイト)丸尾崇真(文構4=東京・早実)がトライ。39分にはWTB古賀由教(スポ4=東福岡)が相手ディフェンスの隙間を縫うようにゴール前まで一気に迫り、フェーズを重ねた末に今駒が得点。点差を24-0に突き放し、試合を折り返した。

J SPORTS 放送情報

勢いそのままに逃げ切りたい後半。3分、敵陣深くでのラインアウトからモールで押し進めるとHO(フッカー)宮武海人(政経3=東京・早大学院)がボールをインゴールに持ち込み、29-0に。しかし、5分にパスをインターセプトされ被トライ。ゴールも決まり、29-7とされる。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ