人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年9月29日

慶應義塾大学、逆襲の秋、猛虎復活へ。ラグビー関東大学対抗戦チーム紹介

ラグビーレポート by 慶應スポーツ新聞会
  • Line

雪辱を果たす時が来た。多くのラグビー関係者が待ち望んだラグビー関東大学対抗戦の開幕だが、慶應義塾大学蹴球部がこのシーズンにかけてきた思いはただならないものがある。

昨年、慶大は様々な「変化」を経験した。それまでチームの中心を担ってきた一昨年の4年生が引退し、大幅に戦力ダウンしたところからチーム作りを行った。新指揮官として栗原徹監督を招き入れ、新たな戦術を導入した。

さらに慶大蹴球部の長い歴史の中で初めて留学生が2人チームに加わった。創部120周年のメモリアルイヤーに「大学日本一」への期待は高まっていた。しかし、こうした過渡期の最中で結果は思うように奮わず、対抗戦5位、22シーズンぶりに大学選手権出場を逃すこととなった。

LO相部は主将として「誰よりも身体を張る」と意気込む

昨年の4年生の思いと名門校としてのプライドを背負う今年のチーム。主将、副将はそれぞれLO(ロック)相部開哉(政4・慶應)とCTB(センター)三木亮弥(総4・京都成章)が務める。

形骸化しがちなスローガンはあえて掲げず、「常に全力で」「指摘し合う」という行動指針を定めたことに、彼らの勝利への貪欲さや覚悟が垣間見える。

J SPORTS 放送情報

昨年の主な敗因の1つが、ゼロからのチーム作りや新戦術の落とし込みに時間を要した点だといえる。それを踏まえて今年のチームを分析すると、見通しは比較的明るいといえるのではないか。

今年は、昨年レギュラーとして出場していたメンバーの多くがチームに残っている。栗原監督の指揮も2年目に突入し“栗原イズム”は選手にかなり浸透してきているはずだ。

1年生だった昨年からSOに定着した中楠

特に、ゲームをコントロールし、また昨年から積極的に取り入れられ始めたキック戦術では起点になる重要な役割を務めるハーフ団。このハーフ団がSH 上村龍舞(環4・國學院久我山)とSO(スタンドオフ)中楠一期(総2・國學院久我山)に昨年から固定されていることは大きな意味を持つだろう。

FW(フォワード)は、主将のLO相部、FL(フランカー)/NO8(ナンバーエイト)山本凱(経3・慶應)、さらにサンウルブズ練習生を経験し3年生ながらスクラムリーダーの立場を担うHO(フッカー)原田衛(総3・桐蔭学園)を擁する。愚直で、ひたむきな、「慶應ラグビー」をまさに体現する選手がそろい踏みだ。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ