人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年7月7日

「ラグビーが恋しかった」ダン・カーター、本人が語るブルーズ入団の舞台裏

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

写真:ブルーズのユニフォームを着るダン・カーターとボーデン・バレット(左)

今年のスーパーラグビーは新型コロナウィルス感染拡大の影響により、リーグ戦は途中で終了。

その替わりに6月13日(土)、ニュージーランドカンファレンスの5チームで争う「スーパーラグビー2020 アオテアロア」がニュージーランド国内で開幕し、昨年までスーパーラグビー3連覇中のクルセイダーズと、調子を上げているブルーズ3連勝で首位争いを演じている。

そんな「アオテアロア」が開幕する前に、世界のラグビーシーンで注目を浴びたのが、今年までトップリーグの神戸製鋼コベルコスティーラーズでプレーしていた世界的SO(スタンドオフ)ダン・カーターのブルーズ入団だった。

オールブラックスキャップ112を誇るカーターは13年間、141試合をクルセイダーズでプレーし、2005年、2006年、2008年と3度栄冠に輝き、2004年と2006年にはスーパーラグビーの年間最優秀選手にも選出された。

さらに、スーパーラグビーの通算最多得点記録(1708点)を保持している、まさしくレジェンドだ。そんなカーターがクルセイダーズではなく、長年ライバルとして戦ってきたブルーズにどうして加入したのか。

カーターは2017年度にフランスのラシン92から神戸製鋼に入団すると、すぐに中心選手として君臨し、15年ぶりとなるトップリーグ優勝に大きく貢献し、年間最優秀選手にも選出。

そして、今年のトップリーグでも2連覇を狙う神戸製鋼を牽引していたが、トップリーグも新型コロナウィルス感染拡大の影響などにより2月末で中断し、そのままシーズンが終了し、ニュージーランドに帰国していた。

カーターは日本でのキャリアを終えて「私を迎え入れてくれた日本の皆さん、ラグビーファンの皆さん、神戸製鋼のファンと関係者の皆さん、私は日本で本当に素晴らしい時間を過ごすことができました。その1秒1秒すべてが良い思い出です」と笑顔を見せた。

連覇のかかったシーズンで、しかもトップリーグで首位争い演じていたが「今年で神戸製鋼を去ることはシーズン前から決まっていました」。

「ただ、トップリーグ2連覇というのが目標でしたし、最後の年を優勝という良い形で終えたいと思っていたので、このような形でシーズンが終わってしまったことは非常に残念な気持ちでいっぱい」と悔しそうに話した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ