人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年2月14日

注目マッチアップ多数!流主将率いるサントリーVS.姫野主将率いるトヨタ自動車。トップリーグ第5節プレビュー

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

ラグビー国内最高峰「トップリーグ」のスター達が、同じポジションで相対する。

1週間のBYE(休息週)を挟んだトップリーグ2020は、第5節を迎えた。

バレンタインデー翌日の2月15日(土)、大阪・ヤンマースタジアム長居では、ともに2勝2敗のサントリーサンゴリアスと、トヨタ自動車ヴェルブリッツが激突する。

第4節終了時点での順位表を見てみると、1位から順に開幕4連勝のパナソニック、神戸製鋼、東芝。

続いて3勝1敗でヤマハ発動機、クボタが追走。

昨季準優勝のサントリーは7位、同4位のトヨタ自動車は8位につけており、どちらも2勝2敗の五分から白星先行にしたい状況だ。

両チームの出場メンバー23人が発表されている。ラグビーはチーム力を競い合う集団スポーツだが、同ポジションによるマッチアップに注目しても面白いだろう。

両軍のキャプテンは、2019年W杯日本代表のチームメイトで、帝京大では先輩後輩だったサントリーのスクラムハーフ(SH)流大(共同)キャプテンと、2学年下でトヨタ自動車のフランカー(FL)姫野和樹キャプテンだ。

2勝2敗同士のビッグマッチで2人はピッチ上でどんな表情を見せてくれるのだろうか。

サントリーサンゴリアス スタメン

またサントリーの先発プロップ(PR)では、帝京大時代に副将としてSH流を支えた森川由起乙が1番を背負う。スクラムで対峙するのは、帝京大の5学年下であるPR淺岡俊亮だ。先輩後輩によるスクラムバトルは見応えアリだろう。

同じくスクラムでは、トヨタ自動車のFL姫野キャプテンが、2019年W杯日本代表でこちらも帝京大の先輩であるFLツイヘンドリックと相対する。

日本代表ファンには堪らないマッチアップは、サントリーのSH流、トヨタ自動車のSH茂野海人かもしれない。ともに日本代表として2019年W杯を戦った間柄だ。

戦術眼やキック、コミュニケーション能力に優れたリーダータイプのSH流に対し、SH茂野は積極的な仕掛けも脅威になるアタッキングハーフ。プレースタイルの違いに注目しても面白いだろう。

トヨタ自動車ヴェルブリッツ スタメン

ミッドフィールドの勝負も注目だ。サントリーは2019年W杯のオーストラリア代表、センター(CTB)サム・ケレビが13番を背負う。マッチアップするのは帝京大卒の2年目、トヨタ自動車のCTB岡田優輝だ。

トヨタ自動車の指導者は、元南アフリカ代表監督のジェイク・ホワイトからNZ出身のサイモン・クロンに代わったが、CTB岡田はウイング(WTB)での起用が多かったルーキーイヤーに続き、2年目ながらスタメンを確保している。

本来のポジションはCTB。馴染みのあるポジションに戻った岡田は、世界最高のボールキャリアーの一人であるケレビにどう対抗するのだろうか。

そしてフルバック(FB)は、2019年W杯の日本代表と南アフリカ代表の対決。サントリーの松島幸太朗と、トヨタ自動車のウィリー・ルルーだ。

どちらもハイレベルな超絶プレーを飄々とやってのけるファンタジスタだ。観客を魅了するプレーの応酬を期待せずにはいられない。

サントリーは17年度以来6度目、トヨタ自動車は悲願の初優勝へ向けて負けられない一戦となる。注目の「サントリーサンゴリアス×トヨタ自動車ヴェルヴリッツ」は2月15日(土)午後1:50からJSPORTS 3で生放送、JSPORTSオンデマンドでLIVE配信される。

文:多羅 正崇

J SPORTS オンデマンド番組

J SPORTS 番組情報

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学ではラグビー部に所属。大学1年時にU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。ユーモアエッセイストとしても活動中。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ