人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年12月18日

京都産業大学、去りゆく名将・大西健監督のラストゲーム。ラグビー全国大学選手権

ラグビーレポート by 京産大アスレチック
  • Line

写真:円陣で選手たちを称える大西監督

「ありがとう、感謝している。悔いはない―」。

80分の激闘を終え、円陣で涙を流す選手たちに、熊谷の夕陽に照らされた大西監督はこう声をかけた。鳴り止まない拍手に深々と頭を下げると「先生を胴上げさせてください」と伊藤鐘平主将が中央へ呼び寄せた。

伊藤、ファカイ、ジェイミー、ラウシらに支えられ、2度宙を舞った。47年間の監督人生、「ひたむきに」追い続けた日本一の夢は次なる世代に託された。

大西監督の姿を1日でも長く、と願う赤紺ファンたちがスタンドに駆け付けた。試合前、メンバーの発表後、大西監督がコールされると会場は拍手に包まれた。

今まで多くの試合で先発してきたSO(スタンドオフ)家村健太(1年・流経大柏)を控えに回し、ともに最終学年のSO山内凌雅(4年・関大北陽とFB(フルバック)栢本光(4年・天理)を起用する布陣。

「最後にスタメンに抜てきしてもらったので、なんとかして先生に恩返しがしたかった」と山内は振り返る。

キックオフ早々に日本大学のディフェンスを崩し、そのまま外に展開。前半1分でWTB(ウィング)堀田礼恩(2年・京都成章)が右隅に飛び込みトライで先制するも、10分、18分に日大にトライを許し7点のビハインド。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ