人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年10月21日

日本代表、ビクトリーロードを終えて。ラグビーワールドカップ総括記者会見

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

10月20日(日)、ラグビーワールドカップの準々決勝で南アフリカ代表に3-26で敗れた日本代表は、翌21日(月)の午前に総括会見を行った。

藤井雄一郎強化委員長、ジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)以下、選手31名が出席した。

まずは冒頭で、藤井強化委員長は「3年前、本格的にワールドカップに向けてジェイミー・ジョセフ体制でチームが始動して、本当にたくさんの方に支援いただいて、選手も本当によくがんばってきました」。

「目標のベスト8となることができ、選手はもうひとつ上を狙っていたが、最後は昨日、南アフリカの前に力尽きて、シーズンは終わりました」。

「本当に日本のラグビー界を変える偉業を達成したと思います。スタッフもこの3年間本当に身を削って、いろいろなものを犠牲にして、手に入れた偉業だと思います」。

「次はフランスでのワールドカップが待っていますし、次はもう1つ上を狙えるように、ラグビー界が一丸となってチャレンジしたいと思います。ありがとうございました」と挨拶した。

続いてジョセフHCも「この3年間、本当に信じられないほどのハードワーク続けてきた。そして今年は今まで以上努力を重ね、いい状態で入って、我々が目指していたトップ8を成し遂げた」。

「他にもコーチやいろいろ人たちのサポートがあって 選手を強くできたと思います。そして、ここにいる選手だけでなく、他にも選手たちがいろいろ貢献して、この大きな成果を得ることができたと思います」。

「そして我々はワールドカップを誇らしく戦えました。ファンの皆様、国民の皆様のサポートがなければ達成することはできなかったでしょう」と振り返った。

また、指揮官はこの3年間を振り返って、苦労や厳しい時期はなかったかを聞かれると、「チャレンジでしたが、コーチとしてこのような素敵なチームを率いることはやりがいがあります」。

「このチームが大好きなので、どうしたらもっと強いスクラムになるだろうとか、朝起きて、スキルを上げることとか、チームにとってベストのプランは何かとかを考えているのが好きです。だから大変なのですが、それこそ私がこの仕事を天職だと思う理由です」と笑顔を見せた。

また、目標に掲げていたワールドカップベスト8を達成し、「このチームを本当に誇らしく思う。長い時間をかけて信頼関係を築いてきました」。

「チーム一丸となるには、本当に多くの時間がかかったのですが、このかけた時間の分だけ、最終的に1つのチームを作り上げることができて、大きな目標を見事に達成することができた」としみじみと語った。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ