人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年9月28日

ワラビーズ×レッドドラゴン!屈指の好カード「オーストラリア vs. ウェールズ」プレビュー。ラグビーW杯日本大会

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line
オーストラリアvs.ウェールズ

プールDのビッグマッチだ。

「とにかくタフな相手。すごい試合になる」(ウェールズ・ガットランドHC)

ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で、プールD(1次リーグD組)の2強と目される“ワラビーズ”ことオーストラリア代表(世界ランキング6位)と、“レッドドラゴン”の愛称を持つウェールズ代表(同4位)が激突する。

9月29日(日)、東京スタジアムが一騎打ちの舞台だ。

まずは、前回大会の準優勝国で、99年大会以来20年ぶりの優勝を目指すオーストラリア。

フィジー代表との大会初戦は39-21で快勝。

前半は苦しんだが、スクラムやラインアウトモールを突破口として逆転勝ちした。

フィジー戦後にオーストラリアのマイケル・チェイカHC(ヘッドコーチ)は「ミスなどがあり、リードを許したが基本に戻って逆転できた」と語った。ウェールズ戦には中7日で向かう。

一方、今年の欧州6か国対抗戦「シックス・ネーションズ」を制した現・欧州王者のウェールズ。

悲願の初優勝を目指すレッドドラゴンは、大会初戦でジョージア代表と激突。

前半を29-0で折り返すなど圧倒し、終盤の猛攻をしのいで43-14で快勝。中5日でビッグゲームへ臨む。

両軍の先発メンバーを見てみよう。

オーストラリアはフィジー戦から先発BK(バックス)を4人入れ替えた。

ハーフ団はSHウィル・ゲニアとSOバーナード・フォーリーのコンビ。初戦のSHホワイト、SOリアリーファノから変更された。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ