人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年9月19日

ワールドカップ日本代表にOBが7人が入った帝京大学、序盤を危なげなく3連勝。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 帝京スポーツ新聞部
  • Line

写真:相手を圧倒したスクラム

いよいよ目前に迫ったラグビーワールドカップのため、一時中断する対抗戦。前半の3試合を全て勝利で飾り、後半戦へのはずみをつけた帝京大学。その先にある大学選手権優勝という目標に向かって最高のスタートを切った。

その3試合目は神奈川・大和スポーツセンターで行われた青山学院大学戦。昨年度は141-7と快勝した相手にどういったゲームをするのかに注目が集まった。

J SPORTS 番組情報

  • 大学ラグビー

    関東大学対抗戦、関東大学リーグ、関西大学リーグ戦 注目試合を放送! J SPORTSオンデマンドでは全試合配信!

青山学院大ボールでキックオフされた試合。青山学院大ディフェンスが次々とタックルに入り、なかなか前進できずにいた。その間に青山学院大にボールを奪われ、帝京大のディフェンスラインのギャップをつき、前半4分、いきなりトライを奪われた。

だが、トライを奪われるも帝京大は動じない。むしろこのトライをきっかけにより締まったゲームの展開になったような気がした。

10分、青山学院大のペナルティからキックで前進し、ラインアウト。ボールを獲得し、ひたすら前進し、最後はHO(フッカー)李承爀(3年=大阪朝鮮)がトライ。FB(フルバック)奥村翔(3年=伏見工)のゴールも決まり、すぐさま同点に追いついた。

続く15分、自陣ゴール前でターンオーバーに成功し、奥村がおよそ90mを独走。一時、青山学院大に捕まりパスが流れるも、再びターンオーバーし奥村がそのままインゴールに持ち込んだ。

前半を35-7で折り返し、迎えた後半。ハーフタイムでは「もっと痛いところに身体を入れよう」という声が上がったという。その言葉通り後半の最初からもう一段ギアがあがった。

4分、ペナルティからチョン蹴りですぐさまプレーを再開し、左に展開。最後はWTB(ウイング)平坂海人(3年=日向)がトライ。

13分、タックルでターンオーバーに成功し、左に展開。3対2と帝京大が1人余っている状況。ゴール前5メートルで捕まるも最後はFL(フランカー)リッチモンド・トンガタマ(2年=オタフフカレッジ)がトライ。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ