人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年9月12日

立命館大学、攻撃的ディフェンスで逆転勝利。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 立命スポーツ編集局
  • Line
立命ラグビーの代名詞「攻撃的ディフェンスラグビー」が存分に発揮された試合だった。

関西大学ラグビーAリーグ第2節。立命館大学は摂南大学と対戦。近畿大学戦では出端を挫かれ、相手の攻撃を封じることができなかった。この試合も立ち上がりを警戒したいところだったが、中々ゴール前へボール運ぶことができない。

一方、摂南大はサイドを広く使った攻撃を展開し、積極果敢に攻めていく。試合が動いたのは、前半14分。摂南大がロングフィードで攻撃を仕掛けると、立命館のオフサイドを誘う。

そこから、NO8(ナンバーエイト)のマタエナ・イエレミアが中央ラインへ飛び込み先制トライ。摂南大の最も警戒すべき留学生アタッカーに得点を許してしまった。

J SPORTS 番組情報

  • 大学ラグビー

    関東大学対抗戦、関東大学リーグ、関西大学リーグ戦 注目試合を放送! J SPORTSオンデマンドでは全試合配信!

しかし、立命館は17分、前節とは違いCTB(センター)として出場した木田晴斗(情理2・関西大倉)がサイドから突進。

ゴール前ラックからSH(スクラムハーフ)平尾剛士(スポ2・東福岡)がCTB藤高将(スポ4・大阪桐蔭)へパス。最後はFL(フランカー)の野村雅大(済3・大阪桐蔭)へのオフロードパスが繋がり、5-7と点差を縮める。

藤高のゴールも成功し、同点に追いつくも、すぐさまゴール前から俊敏なアタックで自陣のディフェンスを振り切られ、逆転を許す。

その後は、立命館のペナルティからピンチの場面を迎えるも失点を許さず、7-14のビハインドで前半を折り返す。

J SPORTS オンデマンド番組

ハーフタイム、主将のWTB(ウィング)片岡涼亮(営4・流経大柏)は「守り意識を持ちつつも、外へ振られたら前に出るよう攻めの姿勢」を重視するようチームメイトへ呼びかけると、早速、その姿勢が効果を表す。

4分、WTB藤井健太郎(済2・伏見工業)が持ち味のスピードを活かし、ゴールライン手前までゲインすると、最後はSH平尾が中央へ反撃のトライ。FB(フルバック)の吉本匠(スポ4・常翔学園)がゴールを決め、同点に追いつく。

さらに6分、ゴール前ラックからSH平尾がWTB片岡へパスを繋ぐと、ディフェンスラインを突破し、今季3トライ目をもぎ取り、19-14と逆転に成功。

その後、摂南大に1トライを許し点差を縮められるも、24分、ゴール前ラインアウトからモールを形成し押し込むと、最後はLO(ロック)横井達郎(済4・東海大仰星)が決め26-19。

写真:後半37分、トライを決め喜びを爆発させる松本(左)と藤井

さらに37分、途中出場の松本涼志(済3・立命館宇治)がサイドを突破しトライ。ロスタイムではCTBの木田がサイドへ試合を決定づけるトライを決め、ノーサイドのホイッスル。43-19で見事逆転勝利を収めた。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ