人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年7月2日

初の決勝進出を決めたジャガーズとNZダービーに勝利した王者クルセイダーズ スーパーラグビー準決勝レビュー

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line
マティアス・オルランド

2トライを決めたマティアス・オルランド(ジャガーズ)

スーパーラグビー2019のファイナルを戦うのは、ニュージーランド(NZ)のクルセイダーズと、アルゼンチンのジャガーズということになった。試合は7月6日(日本時間16:35)、レギュラーシーズン総合首位のアドバンテージで、クルセイダーズの本拠地クライストチャーチで開催される。

6月29日に行われた準決勝を振り返っておこう。ジャガーズは、地元ブエノスアイレスでオーストラリアのブランビーズを迎え撃った。スクラムに不安のあるジャガーズに対して、ブランビーズがプレッシャーをかけ、反則を誘ってタッチキック、ゴール前のラインアウトから得意のラインアウトモールでトライを奪う。そうなればブランビーズのペースになると思われていたのだが、ジャガーズは賢く戦った。前半4分、防御背後への短いキックを上げ、ブランビーズがキャッチミスしたところを、SHトマス・クベッリがボールを拾い上げてトライ。8分、13分、SOホアキン・ディアス・ボニージャがPGを2本追加し、13-0とリードする。

ジャガーズは自陣にブランビーズを入れないように、キックを多用し、攻めてはミスなくボールをつないだ。スクラムを少なくすることにも成功。初めてのスクラムは前半16分だった。前半19分、ゴール前のラインアウトからモールを押し込み、続いて両LOが連続して突進。トマス・ラバニニがトライをあげ、20-0と大量リードを奪った。これでやや気が緩んだのか、22分、初めて自陣で反則を犯し、攻め込まれた位置でブランビーズボールのラインアウトとなる。しかし、ボールを奪ったのはジャガーズだった。スチールはこの日3本目で、直後、4本目のスチール。ラインアウトでもブランビーズに得意の形を作らせなかった。

ブランビーズも前半40分、ようやくラインアウトのモールからFWが連続的に突進し、HOフォラウ・ファインガがトライを返したが、結局、得点したのはこれのみ。ディフェンスのラインスピードの速さ、的確なタックルでもジャガーズが上回った。最終スコアは、39-7。2016年のスーパーラグビー参戦以来、4年目で初の決勝進出である。継続的な強化で選手個々のスキル、組織力ともに向上しており、この流れは同国代表プーマスにも引き継がれるだろう。ジャガーズの強さにスタンドは試合中から大変な盛り上がりだったが、プレースキックの際には静まり返るなど、ラグビー本来の観戦マナーは守られていた。選手と観客が規律正しく一体となった勝利だった。

スーパーラグビー2019 準決勝 ジャガーズ vs. ブランビーズ ハイライト

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ