人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年5月30日

立命館、「Break Through」を胸に京都産業大学と激突。ラグビー関西大学春季トーナメント

ラグビーレポート by 立命スポーツ編集局
  • Line

昨シーズンの全国ラグビーフットボール選手権では、初戦で明治大学相手に敗れ、目標のベスト8には届かなかった。

2019年は「Break Through」をチームスローガンに掲げる。全国ベスト8というチームの目標を「Break Through」するべく、主将の片岡涼亮(営4・流経大柏)率いる立命館大学ラグビー部の奮闘が始まる。

チームを引っ張る主将の片岡

昨年に引き続き、今年のチームは「攻撃的なディフェンス」が持ち味だ。U20日本代表に選ばれているPR(プロップ)百地龍之介(済2・東海大仰星)を中心に堅い守備を魅せる。

さらに、百地と同じくU20日本代表に選出されている木田晴斗(情理2・関西大倉)と昨年ユースオリンピックにも出場した藤井健太郎(済2・伏見工業)のWTB(ウィング)コンビがスピードを活かしたアタックを繰り広げる。

FW(フォワード)陣とBK(バックス)の連携した、激しいディフェンスで相手の突破を阻止したい。

対する京都産業大学は関西大学ラグビーリーグ4度の優勝、全国大学ラグビーフットボール選手権大会31回出場と関西屈指の名門校である。

昨年の全国選手権では初戦で関東大学対抗戦3位、慶應義塾大学と激突。敗れはしたものの、後半1点差まで追い上げ、勇猛果敢な攻撃力を見せつけた。今年のチームも圧倒的な攻撃力が健在だ。

5月26日に行われた京都ラグビー祭。相手は4月28日に立命館と対戦し勝利を収めている同志社大学。

前半、昨年からレギュラーとして存在感を発揮したCTB(センター)のニコラス・ホフア(3年生・札幌山の手高校)が2トライも、同志社に3トライを決められ、前半を14-21で折り返す。

後半は序盤から京産大ペース。4分、HD(フッカー)の宮崎達也(4年生・伏見工業高校)がトライを決めると、7分にはFL(フランカー)の城間賢(3年生・御所実業高校)が逆転トライ。

15分にトライを許し、一時は逆転されるも26分に宮崎のこの日2つ目のトライが決まり再度逆転。終盤は同志社大の猛攻も振り切りノーサイド。36-35で接戦をものにした。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ