人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年5月9日

天理、帝京の連覇を止めた関西の雄は今季も強力。ラグビー関西大学春季トーナメント

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

昨季は帝京のV10を阻止今季は大学日本一を狙う天理

4月末に関東では大学ラグビーの春季大会が開幕したが、4月21日から関西でも大学春季トーナメントが始まっている。春季トーナメントは、2016年度から関西の大学のレベルアップを目的に開催されている大会だ。

この春のトーナメントの順位により、秋の関西大学Aリーグの対戦表が決定する大事な戦いにもなっている。2016年は天理大学と京都産業大学が引き分け、同時優勝を果たし、2017年は京都産業大、2018年は天理大がそれぞれ優勝している。

昨年度関西王者の天理大は帝京大学のV10を阻んだが、大学選手権準優勝に終わった。1回戦は5月12日(日)、昨年度のBリーグ王者で、入れ替え戦で関西大学を下して、Aリーグに復帰した摂南大学と摂南大グラウンドで対戦する。

天理大は1995年から指揮を執る小松節夫監督はもちろん変わらない。新キャプテンに就任したのは、石見智翠館やU20日本代表でも主将としてチームを引っ張った経験を持つ小兵タックラーのFL(フランカー)岡山仙治(4年)。

副キャプテンにはSO(スタンドオフ)林田拓朗(4年)が就いた。「去年のチームの悔しさを忘れずに、今年も日本一を目指して頑張ります」(岡山)。

すでに天理大は春季の練習試合を重ねており、4月20日に京都産業大に33-26、27日に日本大学に42-17、5月5日に関西学院大学に52-7と連勝中であり、新年度になっても関西では頭ひとつ抜けた存在である。

FL岡山キャプテン、SO林田副キャプテン以外にも、3月のジュニア・ジャパンでも活躍していたSH(スクラムハーフ)藤原忍、CTB(センター)シオサイア・フィフィタ(ともに3年)。

昨年度もチームを引っ張っていたPR(プロップ)小鍛治悠太(3年)、山川力優(4年)、LO(ロック)アリペリ・モアラ(2年)、SO松永拓朗(3年)、FB(フルバック)立見聡明(4年)らが健在で、総合力は高い。

新年度になってAチームで試合に出場を果たしているHO(フッカー)高橋虎太郎、LO上田圭佑、NO8(ナンバーエイト)亀沖泰輝、WTB(ウィング)内村祐介、江本洸志といった新しい力である2年生選手にも注目したい。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ